スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄鍋でローストチキン

我が家で毎年やっているルーチンとして、
クリスマスの極寒ローストチキン作りがあります。

まずは、薪割り。
鳥を焼くだけなら、薪はこの半分ぐらいで十分です。

DSC00595.jpg

ローストチキンは一時間半ぐらい掛けてじっくりと焼くのですが、
その間の火の当番は、子供たちと持ち回り。

DSC00600.jpg

炎を一気に熾してしまうと鳥が焦げてしまうので、
ほどよいトロトロの熾火加減にキープするのがコツです。

寒空の下、子供たちといろいろな会話や花火などで時間を過ごす。
この時間を持てるのが、毎年続けている理由でしょうか?

今年も最高の焼き上がりになりました!

DSC00634.jpg


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。