スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾でボートクロダイ!

R0014087.jpg

『週刊日本の魚釣り』の取材で、横浜のアイランドクルーズさんへ。

自分の仕事は総監修なので取材・執筆はライターさんに全面的にお任せしてもいいのですが、
今回の取材は個人的に興味のある「ボートクロダイ」。
ぜひとも体験したいと、無理やり押しかけてみました。

このボートクロダイ、最初はヘチ釣りをボートでやるのだと想像してましたが、
実際にはまったく違う釣りで、私が使ったのはスピニングタックル。
具体的には、いつも使っている「一つテンヤ」のタックルです。

そして、ハリに付けるのはエサではなくて、初めて見る物体。
触感は消しゴムやスーパーボールみたいで、色はカラフルな飴玉みないな感じ。
同船でも「キャンディー」と呼んでました。

そして、この仕掛けを横風でユラユラと揺れるボートからキャストするのですが、
「ポイントから5センチ外れたら絶対に釣れませんよ」と、いきなりスタッフの方から酷なアドバイス。

当然、ラインが風で流されるので、最初はミスキャストの連続です(笑。
そのうち何とかピンスポットに決まるようになりましたが、
今度は巻いていったPEラインが見にくいブルー系だったので、
イトフケのアタリが全然わかりません。

そこで、ゆっくりと仕掛けを聞き上げて竿先でアタリを取る作戦に。
で、ようやく本命がヒット!
ライターのO氏とふたりで、夕まづめの1時間で5.6回ヒットして
最大で49センチのクロダイでした。

ふたりとも根ズレでラインブレイクがあったのが反省点でしたが、
まさかこんな仕掛けで釣れるとは。。。。
とにかく、目からウロコの釣りでした。

なお、アイランドクルーズさんでは、
普通のヘチ釣りタックルでのエサ釣りも楽しめます。

R0014090.jpg

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。