スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えイベント大盛況

このところの夏のような陽気で、
プール栽培していた苗が一気に急生長。

で、急きょ予定を繰り上げて田植えをすることに。

毎年、仲間を募ってイベント的に作業してるけど、
今回は何人集まってくれるかな?


とりあえずは、作業前のダンドリ。

まず、田んぼに2尺間隔でヒモを張って、
手植えするときの苗の位置の目印にする。
IMGP2643_20100510112712.jpg

こちらは篠竹で作った「尺棒」。
IMGP2645.jpg

この長さ(約30センチ)が、苗を植え付ける間隔です。

通常の機械植えだともっと狭い間隔だけど、
込み入った状態よりは広いほうが稲もスクスクと育ってくれそうだし、
実際、このほうが病気の発生も少ないのだとか。

ウチは最低限の収量さえ採れればいいので、
健全な成育優先の米作りなのだ。
わざわざ手植えしているのも、これが理由のひとつなのです。


今年の苗は根張りもバッチリで、
いい感じに育ってくれた。
IMGP2646.jpg
IMGP2650.jpg


手植えの作業をしやすくするための苗取りは、息子の役目。
IMGP2688.jpg

こうすると根が切れにくくなるし、
植えやすくもなる。
IMGP2666.jpg


今年は急な田植え作業になってしまったけど、
ワカサギ釣りでご一緒したWさん親子、
釣り会のメンバーたち、そして近所の子供たちが集まってくれた。

IMGP2696.jpg

おかげで、田植えはどんどん進んでいく。

この日も初夏の陽気で、
素足で田んぼに入るのがじつに気持ちいい。
IMGP2686.jpg

田んぼの下を流れる川に行ってみると、
アユやハヤがうじゃうじゃ泳いでいた。
IMGP2736.jpg

今年のアユ釣りは期待できそうかな?

お昼はログハウスで、恒例のカレーと豚汁とビール。
IMGP2716.jpg

子供たちには、
相変わらずクリフハンガーが人気でした。
IMGP2744.jpg


そして後半はカズちゃんも駆けつけてくれた。
IMGP2726.jpg

さすが、米作りのプロだけあって早くて正確な手植え。

田植えは初めてというWさんも、
なかなかサマになってます。
IMGP2733.jpg

負けじと息子もハイスピードで植えていく(笑)。
IMGP2729.jpg

みんな、ドロドロの汗まみれになって頑張ってくれたおかげで、
無事に田植えが終了。
IMGP2750.jpg

お疲れさまでした!

これから約4ヶ月間、稲の成長を見守っていきます。
いろいろと世話は掛かるけど、
なぜだか毎年やりたくなってしまうのが米作りなのです・・。

人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。