スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船の修理1

釣り仲間とともに、船の修理。
まずは、ユニックに船を積み込み、ウチのログハウス現場へと運ぶ。
IMGP4250.jpg


続いて、スパンカや魚探などの艤装類をすべて取り外して、船内を大掃除。
IMGP4269.jpg

IMGP4272.jpg

すると大量のオモリやらロープ類が出てくる出てくる。
これだけで、子供一人分ぐらいの重さが軽減されたかも(爆)。

そして今度は船を引っ繰り返して、船底を再塗装することに。
IMGP4281.jpg

IMGP4291.jpg


本来なら船底に貝が付着しないように薬剤入りの専用塗料を使うところだが、
ワダ船長の提案で価格の安い水性塗料で代用する。
「ウチらの船は陸揚げ保管してるから、大丈夫だっぺ」


マスキング後、ローラーで塗料を塗っていくと見違えるほどにきれいになっていく。
IMGP4313.jpg

あとは、ここに新しいキールを装着すればOKだ。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。