スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例カワハギ納会

毎年恒例のカワハギ納会に出掛けてきました。

早朝5時に出発してアクアラインを通過すると、ものすごい烈風。
速度制限も40キロに。「こんなんで、船出せるのかな~」
一瞬不安がよぎるも、厚木を通過して小田原に到着した頃には無風状態に。
背後に伊豆の山々を背負っているだけに、西風には強い釣り場だったのだ。

現地に到着すると、すでに主催者の村越正海さんや作家の夢枕獏さんたちが集まっており熱気ムンムン。
総勢17人での出港となった。


最初のポイントは真鶴沖の水深36mライン。
ここでいきなりスタートダッシュをかけたのは、ルアーデザイナーのアイザワさん。
形状記憶合金を利用したスーパーストロング・オリジナル仕掛けで、怒濤の5連発だ!

IMGP3804.jpg

一方、こちらは最初の付けエサがまったく食われず、手も足も出ない状況。
隣に座った獏さんも、お手上げの様子だ。
お互いにアタリが出ないので、アユ釣りや北海道の釣りの話に興じる。

獏さんも、毎夏、北海道の道東方面に出掛けているので、
わが家とも何度もすれ違っていたことが判明。
数年前にも、忠類川で獏さんに似た人を見かけことがあったけど、「それ、ボクです(笑)」。
獏さんのフレンドリーな人柄に、ますますファンになってしまった。
五大陸釣魚紀行を綴った最新刊『愚か者の杖』、ぜひ、読まなければ!


その間も、ラッシュを続けるアイザワさん。
こちらがようやく7枚釣った時点で、すでに15枚を突破している。
「釣り方教えてくださいよ~」と邪魔しにいったときも追釣するのだから、もう、お手上げだ。


結局、この日の竿頭は19枚のアイザワさん。
村越さんは11枚、タレントの水野裕子さんは10枚。
最大魚は村越さんの29センチ(さすが!)。
こちらは8枚の撃沈でした(爆)。
まあ、一日楽しく過ごせたのは何よりでしたが、これは早々リベンジしかないでしょう。

皆さま、お疲れさまでした。
IMGP3807.jpg


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。