スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総のマブナ&ヘラブナ事情

今月の「つり人」の巻頭ページは、
房総半島のマブナ釣りという渋い企画。

案内人は、やっぱり古山輝男さんだった。

以前、シーバスパーティでご一緒したときに、
ほろ酔い気分で冗舌になっていた古山さんから、
房総のマブナ釣り場を教えてもらったことがあるのだが、
写真の場所は、まさにそこだった。

さっそく同じ場所に行ってみると、葦ぎわの深場に数匹のマブナを発見。
ここには久しく釣りに来てなかったけど、
まだまだ小ブナ釣りが楽しめたんですね~。

というか、ここの田んぼは有機農法で米作りをしているとのことで、
こうした取り組みによって貴重な命が育まれていたんですね。

大切にしたい釣り場です。
IMG_7582.jpg


***
ついでに、これまたうる覚えのヘラブナ釣り場へ。

こちらは海が見える高台の堰のポイントなのだが、
ちゃんとヘラ台が設置されていて、ゴミ一つ落ちていない。
有志の方々がしっかりと管理していることを感じさせる。
IMG_8443.jpg

ほんの一時間だけ竿を出してみると、
2投目からサワリが出て、いきなり本命のアタリ。
野ベラならではの美しいヒレピンの魚体でした。
IMGP3595.jpg

周囲は紅葉真っ盛り。
桜の古木も並んでいるので、
春にはピンクの風景の中で釣りを楽しめるかも。

南房総にも、こんな貴重なフナ釣り場があったんですね~。
IMG_7517.jpg

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰してます

マブナ釣り、いいですね~ 
昔はどこでも釣れましたね…

田んぼ、暗渠やるのですか?ユンボがあるから楽々?
貝殻や籾ガラを入れるより、竹が目詰まりなく良いと聞きましたが。

ウチの田んぼ、刈り取り後に2回耕耘しました!
あとイノシシが…あちこち耕転しまくりです(涙)

海が見える高台の堰のポイント

ここは私の散歩道の一つです。たまにヘラ師が入ってますが、状況を尋ねると、どうも首が傾いでしまい声が小さくなります。でもやっぱり釣れるんですね。今度試してみましょう。
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。