スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾でカワハギ&アジのボート釣り

今日は久しぶりに釣り会メンバーたちと船を出すことに。
狙いは、金谷~竹岡沖で絶好調中のアジ&カワハギだ。
といっても基本は五目釣りなので、
チョイスしたタックルは、穂先の極軟らかなルアー竿。
エサもアサリとアミコマセのほかに、アオイソメも用意することにした。

まず狙ったのは、金谷沖の水深13メートル。
ここでは手釣りをしていたノボルさんが、いきなり巨大エソを釣り上げる。
微妙なスタート?だったものの、
そのうちポツポツとカワハギも釣れるようになった。
たまにワッペン級も混じるが、平均サイズは20センチ超(キモパンでした!)。
結構なファイトに、息子も大喜びだ。
IMGP2524.jpg

まだまだシーズン初期なので、カワハギのアタリは比較的明確。
仕掛けが着底すると、すぐにエサを突っつくアタリが出るので、
軟らかな竿先がわずかに入ったところで電撃アワセをするのが今回のパターンだった。
さらに、エサをアオイソの一匹掛けにしてやると、
完全に向こうアワセ状態になって一時は入れ食い状態も!
乗り合い船でのカワハギ狙いでも、
軟調竿やイソメエサは結構有効だと思う。

最後までサビキ仕掛けで粘っていたノボルさんは、尺アジやソウダなどをゲット。
途中、息子とメンバーが入れ替わって、
後半戦は同じ根のフェリー航路側で、本格的にアジ狙い。
ここの居着きの金アジは、日頃から豊富なエビ類をエサにしているので食味は保証付き。
都下の市場でも高値取り引きされているのだとか。

最初はサビキオンリー、潮が動き始めてからはアオイソにアジがバクバクと食ってきた。
やっぱり、荒食いのシーズンですね~。

結局、食材分をキープした後、
新装オープンしたワダ割烹に魚を持ち込み、超新鮮な味を堪能したのだった・・。
R0010562.jpg
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。