スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の港で、良型ヒラメをゲット!

都内で仕事の打ち合わせをした帰り。
アクアラインを通過し、さらに我が家も通過して、一気に南房・館山へ向かう。
目的はルアーでのアジ釣りだ。

南下するにつれて風が強まってきたものの、
車の外気温度計は15度を示している。
これなら防寒着なしでも釣りができるかな?

到着したのは18時前。
釣り場は館山周辺にありがちな、そんなに大きくはない漁港。
暗闇の中に、ポツンとひとつだけ常夜灯が灯っている。
ここは、アオリイカやメバルなども釣れる場所なのだが、
冬場になると良型のアジが回遊してくる穴場でもあるのだ。

しかし、アクアラインを渡っていたときには無風ベタ凪だったのに、
こちらでは強風が吹きまくっている。
この状況だと、港内にはアジではなくフッコが入っていることが多い。

さっそく釣り始めると、
いきなりヒットしてきたのは、やっぱりフッコ(カメラを忘れたので写真ありません)。

続けて、同サイズが5連発。
軟調のトラウトロッドを使っているので、結構、いい引きを楽しめる。

使用ルアーは3インチのスリムワームで、カラーはダークグリーン。
これを1~1.5gのジグヘッドに装着し、表層付近をデッドスローで引いてくるのがセオリーだ。
ただし、今日のように海面が荒れ気味の時には、
カウントダウンして中~底層を狙ってみるのも有効。
この場合は、リフト&フォールで縦の誘いを入れてみるのもおもしろい。

また、その日の条件によってルアーのヒットカラーが変ってくるので、
パール、クリア、ピンクなども用意しておけばバッチリだ。
ちなみに、昨シーズンはピンテールのピンクが絶好調だったが、
今夜はダークグリーンがいい感じだ。

やがて、風が静かになってくると、いきなりバラシが多くなってきた。
というか、アタリは頻繁にあるのだが、どうもフッキングが悪いのだ。
口先だけで、ワームを突っついている感じ。
ジグヘッドの重さやワームのサイズ、カラーをローテーションしてみても状況は変らない。

しかたなく、ちょっとだけ場所を変えて再投入。
ゆっくりワームを引いて潮の流れを強く感じた瞬間、
引ったくられるような痛烈なヒット!
ラインは3ポンドなので無理は禁物だ。
例のごとく、堤防からスロープ側に回り込んで寄せ波に乗せて魚をズリ上げる。
これは、30センチの丸々太った金アジだった。
刺身が楽しみ!

しかし、その後しばらくキャストを続けるも、結局、アジのヒットはこれだけだった。
フッコ狙いにも飽きたので、今度は堤防の反対側に回って海底をボトムバンプで誘ってみる。
夜の海底には、意外なヤツが意外なポイントにいたりするのだが、今夜のヤツは強烈だった……。

数投目。
フォール中のルアーにわずかな魚の反応。
即座にフッキングを入れると、かなりの重量感のある引きだ。
横っ走りしないので、アジやフッコではない。
ジリジリとリールのドラグが滑り、ラインが引き出される。
一体なんだ???

しばらくの攻防の後、ようやく浮上してきたのは平べったい魚体。
クロダイ?
いや、ヒラメだ!
しかも60センチはありそうな良型だ。

しかし、ここからだとスロープまでは係船があって回り込んでの取り込みができない。
タモ網は車の中だし、3ポンドラインじゃ引き抜きも絶対無理だ。

どうする?

堤防から海面までの距離は60センチほど。
ここは一か八かで、ハンドランディングしてみるしかない。
着ていたフリースの袖を伸ばして、ヒラメの鋭い歯に突っ込んで取り込む方法も考えたが、
釣りキチ三平のようにそう上手くいくのか?
より安全にやるなら、エラの中に指を突っ込んで一気に持ち上げるのがよさそうだ。

片手でロッドを高く掲げたままで堤防にうつ伏せになり、
反対側の手を思いきり伸ばしてみるが、分厚いライジャケが邪魔になって海面まで手が届かない。
その間も、ヒラメが水面でジャンプして暴れまくる。
ヒラメの口元を見ると、フックが皮一枚でかろうじて掛かっているだけだ。
バレるなよ~。

竿を持ったまま素早くライジャケを脱ぎ、再度、チャレンジ。
今度は海面に届いた。
係留ロープに足を絡めて安全を確保する。

徐々にヒラメを手元に寄せてくると、結構、デカイ。
2度、つかみ損ねたが、
3度目にヒラメの喉もとをガッチリとつかみ取って、一気に海面から跳ね上げるように引き上げる。
堤防上でバタバタと暴れるヒラメ。
ついにランディングに成功!


冬の夜の小さな港での出来事だった……。


1-11hirame.jpg


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは
臨場感溢れる文章を読むと
此方までどきどきしてきます
相当な興奮だったようですね
羨ましい限りですー

こんにちは!
釣行記はホームページのほうで随時紹介してますので、よろしければどうぞ!
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。