スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「釣育」のススメ…

長男が数人の友達と一緒に、釣りに出掛けた。
引率してくれたのは小学校の若い男の先生。
ターゲットはハゼ。
今年のハゼは湧きがイマイチなのだが、まあ、すべてのことは先生にお任せしよう。

……夕方、息子が帰ってきたので釣果を聞くと、
「ハゼ2匹だけ」
「おお、そうか……」
「ダボハゼはスゲー、たくさん釣れたんだけどね」

でも、好きな友達や先生と好きな釣りという時間を過ごして、
何だかとても楽しかったみたいだ。
自分にも記憶があるが、釣りっていうのは親父と行くより友達と行ったほうが絶対に楽しい。
あと数年もすれば、息子と一緒に釣りに行くこともなくなるんだろうなあ……。

それにしても、学校で何か事故が起きたら些細なことでもすぐに一大事になってしまう昨今、
子供たちと釣りに熱中してくれる先生が、まだいるんだと感心した。
田舎の小学校だからかな?

ちょうど、春に出版した釣り本に「“釣育”のススメ」というあとがきを書いたのだが、
本当に子供にとっては釣りを通して学べることはたくさんあるし、
その体験から得られる感動というのも無限にあるのだと思う……。

先生、ありがとうございました。

R0011883.jpg



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。