スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不耕起栽培とコンポストトイレ

ウチの開拓地にはトイレがない。
男連中はその辺で用足しできるが、女性はそうもいかない。
で、近々コンポストトイレを導入しようと思っている。
今日は、その実物を使っているというMさんの農園におじゃましてきた。

トイレ自体は3年ほど使用しているそうだが、
「導入してから汲み取りは全然してませんけど、まったく問題ありませんよ」
たしかに悪臭は皆無だし、もちろん、オーバーフローもない。
年に数回、微生物のボカシをトイレに投入するだけと手間もかからない。
よくある機械式のバイオトイレは100万円以上の価格だが、
このトイレなら10万円台で買えることもメリットだ。
維持費はタダ同然だから、これなら嫁さんもOKしてくれるかな?

それにしても、Mさんとは初対面だったのだが、
なぜか妙にウマが合って長話になってしまった。

農園のほうは不耕起栽培を実践していて、
ウチと同じようにいろいろな野菜をつくっている。
Mさんが2mほどの棒を地面に突き刺すと、
スルスルとそのすべてが埋まってしまうほどに土がフカフカしている。
ウチの畑も不耕起だけど、とても真似できない。
R0012203.jpg


枝豆の育て方やもみ殻の燻炭の作り方なども教えてもらったのだが、
野菜作りに対する考え方がほとんど同じなので非常に参考になった。

ついでに、息子さんがセルフビルドしたショップで釣具店を経営していることも判明。
こちらの素性を明かすと、Mさんもビックリしていた。
う~ん、やっぱり人間の出会いっていうのはおもしろい!


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。