スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮大工

R0012125.jpg


近所に住んでいる宮大工が、小屋組みの刻みをはじめた。
二重垂木の入母屋仕様で、登り梁や陸梁は地場のスギを使っているそうだ。
精巧な継ぎ手や丸太のホゾ欠きなどは、まざに宮大工の真骨頂。
墨付け方法はベニヤに原寸大の材料図を写し、そこから直接、刻みの墨を追っているとか。

今度、近所の寺でこの建前をするというので、見学に行ってみることにしよう。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。