スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米の味

昨日の夕方、カズちゃんから電話があって、「乾燥、終わったよ~」。
で、ふたりで軽トラで新米を取りにいく。

結局、今回の収穫量は、一反三畝の広さで10.5俵だった。
これが多いのか少ないかはわからないけど(きっと少ないのだろう)、
やっぱり、できた新米を目にすると静かな感動を覚える。
ウチも、米作りでは新米だからね。

そして、O氏との話し合いの結果、ウチは3.5俵をいただくことになった。
これは大切に食べてやるぞ!

そして今夜。
嫁が炊いた新米を神棚に捧げてから、子供たちと味見してみる。
「お~っ、モチモチしてて、甘いですねぇ~」。
味にはうるさい息子が、珍しく全面的に称賛。
R0011387.jpg

自分も食べてみると、確かに甘くてツヤツヤした喉ごしは、何杯でもおかわりできそうだ。
気分的なものもあるのかなぁ?

イケさんから電話が掛かってきて聞いた話によると、
このあたりに広がっている蛇紋岩という地層にある田んぼは、ミネラル分がすごく豊富で、
そこで獲れる米は相当おいしいのだそうだ。

「米づくり、大変だっただろ」とイケさん。
「でもよう、稲からすごいエネルギーをもらえたろう。もう、米づくりはやめらんねえって」。

いまのところ、来年の米作りは白紙状態だが、
この静かな感動は、我々家族にとってはすごく貴重なものだし、
米作りによって、地域の人々との絆が強まったことも間違いない。

春先から始まった米作り。
いろいろと大変なこともあった半年間だったが、
だれもケガせずに、皆、無事に作業を終えられたことが、いま一番うれしい……。


あっ、まだ種籾用にオダ掛けした稲があるんだった(笑)。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。