スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那珂川のサケ釣り

本日は、今年からサケ釣り調査を開始した那珂川で単独釣行。
先週の久慈川のリベンジです。

前日の夕方に現地に到着して、まずはポイントのチェック。
河川は大きく蛇行していて、その外側にあたる右岸側、流れ込みの下流一帯がメインの釣り場になりそうです。
釣りができる範囲はもっと広いのですが、下流側はテトラが入っていて実質的には釣りにくい感じでした。

その日は車中泊して、早朝、漁協の説明の後にスタート。
まわりの釣り人を見ると、エサ釣りとルアー釣りの人が半々といった感じです。

そして、いきなり竿を曲げたのはエサ釣りの一団。
ハリスは4号を使っているとのことで、結構なナイスサイズをゴボウ抜きにしてました。。
その後もエサ釣り集団は、入れ食い状態。
仕掛けはタコベイトにサンマエサのミックスです。
手前の深場のカケアガリをゆっくりと流して、好結果を得ているようでしたね。

私も朝のチャンスタイムで1本釣りましたが、結局、ヒットはそれだけで終了。
サイズも、嫁が釣った8キロの半分以下です。。

周囲のルアーの人も大苦戦で、隣の人がシンキングペンシルで2本獲ったほかは、誰も釣れてませんでした。。

が、例外が一人だけいました!
流れ込みの合流点に陣取ったルアーマンは、朝から入れ食いが止まらない状態で9時過ぎには早上がりでした!
その後すぐに同じポイントに入った人も入れ食い。
あとで聞いたら、スプーン単体のタダ巻きだったそうです。

12191687_871358452960827_7089454828534354568_n.jpg
11224419_871358466294159_4693752542147989645_n.jpg

この日は上流で降った雨の影響で徐々に濁りが入ってきたんですが、
流れこみ周辺だけはクリアな水のおかげでヒットが連発したと思われます。
ちなみに、私や隣のルアーマンがヒットさせたのは、濁りの影響が少ない足元のポイント。
いずれもピックアップ寸前のヒットでした。

ともあれ、久慈川と較べて釣り人の数に対してポイントの範囲が狭いので、かなりストレスの残る釣りでした。。
来年はどうしようかな?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。