スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカサギ、ヒイカ、落ちハゼ。シーバスはバラシ!

15193687_1114608988635771_4334535015134845792_n-1.jpg
15241189_1114647428631927_133413999598293862_n.jpg
15230643_1114609301969073_4160037364583321776_n.jpg
15241240_1114609418635728_71071159165219827_n.jpg
15181654_1114609131969090_6647977270414460543_n.jpg

この一週間ほどは原稿書きでカンヅメ。
その合間に、ワカサギ、ヒイカ、落ちハゼなどの釣りを再検証してました。

カマス狙いでハリ掛かりした70センチ級のスズキは、ハリを伸ばして逃亡・・・

高滝湖のワカサギは現在絶好調で、1,000尾釣る人もいたようです。
釣れるワカサギは体長8〜10センチと、料理するには手頃なサイズ。
高滝では桟橋のドームで楽しめるので、冬でもポカポカですよ!
スポンサーサイト

ハゼ釣り&天ぷらパーティーは大盛況!

先月の収穫祭に引き続き、近所に集う若者たちと「ハゼ釣り&天ぷらパーティー」。

前日、釣り場の湊川に下見に行ってみると、ハゼがルアーにも追ってくるほどの好活性。
IMG_0024_201611171747107fd.jpg

これなら、初心者の皆さんでも爆釣でしょう!
と思いましたが、まあどんな釣りもそう簡単じゃありません。
当日は、リールの使い方から始まって、ラインの結び方、エサの付け方、キャストの方法、誘い、アタリの取り方まですべてレクチャーして自分自身でやってもらいます。
IMG_0096_2016111717471414a.jpg

最初はキャストミスしたり、仕掛けをお祭りしたり、根掛かりしたり、イソメがつかめなかったり、ハゼのアタリがわからなかったりと、どうなることかと思いましたが、
勝手がわかってくれば、この通り!
IMG_0204.jpg

みんな、いい笑顔です。
こんなに小さな魚でも、大勢のオトナを歓喜させる力がある。
やっぱり、「釣り」っていうのは凄い!
これまで何冊も釣りの入門書を書いてきたけど、この喜びを分かち合えるのが最高ですね。
自分で釣るよりもうれしい。

その後、我が家に移動しての天ぷらパーティも、若き料理人のおかげで大盛況。
この天丼がメチャクチャにおいしかったです。
また、明日から気持ちよく仕事に励めます!

DSC04882.jpg
DSC04874.jpg
IMG_0279.jpg

*使用タックル&仕掛け
竿=メバル用、アジ用、シロギス用。長さ=1.8m前後
ミチイト=ナイロン1〜1.5号。PE0.5号+フロロ1.5号1m
ハリス=ナイロン1号(直結)
ハリ=ハゼ、袖。6〜7号
オモリ=ガン玉。0.5〜1号
エサ=アオイソメ



ボート釣りで、良型カワハギ!

15036306_1101032016660135_8246388094566589907_n.jpg
15036345_1101031943326809_3063956484888291593_n.jpg
15032062_1101062936657043_8856021888456190796_n.jpg

若き大物釣り師・西出さんと、カワハギ狙いで対岸の神奈川県へボート釣りに行ってきました。
西出さんの釣りはいつもそうなのですが、GPSを駆使して数十センチの誤差も許さない精度でポイントの真上にボートを着けます。
アンカーを入れてボートの位置を再確認し、少しでも納得がいかないと何度でもアンカーを入れ直します。
「納得できないポイントで釣ってると、釣りもそういうふうになっちゃいますから」
このきめ細やかさと絶対に妥協しないスタンスこそが、つねに大物を手中にしている原動力になっているのだと思います。
今回もいろいろと勉強させていただきました。

久慈川のサケ釣りは撃沈。那珂川では爆釣!

昨年、不完全燃焼で終わった久慈川のサケ釣り。
嫁だけは、久慈川歴代のレコードとなる巨大サケを釣り上げましたが、私自身は撃沈でした。
(昨年の釣行)
今年は休みの兼ね合いもあって単独釣行なので、当然、家族の分まで釣って帰るつもりです・・。
DSC04677.jpg

が、結論から言えば、今年も見事に撃沈!!
アタリもまったくゼロで、まさかの完全ボウズでした。

通常だと、早朝のスタート時はサケの活性も高くてあちこちでヒットするのですが、今回に限っては開始から一時間ほどは、誰もヒットがない激シブ状態。サケの気配がまったくありません!
久慈川に限りませんが、サケ釣りでは群れの動向がその日の釣果を大きく左右します。
昨日まで釣れていたから、今日も釣れるとは限らないのです。
実際、今回の久慈川でも前日は好調だったとのこと。

キャストを続けながら群れが回遊してくることを期待しますが、周囲の人がたまに単発でヒットさせるだけです。
結局、14時まで手を変え品を変え釣り続けましたが、ついに私にはアタリすらありませんでした。。
(ちなみに、久慈川ではお昼にサケ汁を振る舞ってくれますが、これは最高に美味です!)
DSC04689.jpg

最終的な数字はわかりませんが、お昼の時点で釣れた総数は25尾前後。
参加者は60名とすると半分以上の人がボウズだったことになります。
それでも、こんな状況でも釣っている人はちゃんと釣っているという事実。
すでに仲良くなっている漁協組合長さんいわく、「やっぱり、奥さんと息子さんたちを連れてこないとダメですよ!」(笑)


しかし、このままでは帰れません!
今回は那珂川の調査にも当選していたので、ダブルヘッダーで翌日もサケ釣りです!

その日の夕方、那珂川の釣り場を下見すると、何とあちこちでサケの跳ねがあります。
釣れる雰囲気満々!

そして翌朝。相変わらず、サケがバンバン跳ねてます!!
さっそく、はやる心を押さえつつタックルの準備。

今回の竿は、いつも愛用している長さ8.6フィートのエギングロッド。
粘りがあって、サケ釣りには最高の竿です。
嫁の8キロ超も、このロッドで釣り上げました。

ラインはPEの1号で、フロロのリーダー5号を2m。結節はFGノット。

ルアーは、これまたいつものチヌーク+マラブーフックです。
マラブーは水に濡れると頼りないボリュームになりますが、この先端部が微妙に揺れることでサケを威嚇させます。
まあ、タコベイトと同じ原理ですね。
IMG_9963.jpg

午前7時にスタートフィッシング。
那珂川は久慈川よりも水深があって、流心の最深部では7mを超えます。
なので、ルアーをキャストしたら10秒ほど沈めて、流れの中〜底層を狙うことが大切です。
ちなみに、那珂川の釣り場は川幅が狭いので、ほんのちょい投げで流心まで届きます。

ルアーがサケが泳ぐ(と思われる)層まで到達したら、ゆっくりとリールを巻いてリトリーブ。
サケは巨体の割にはアタリが小さいですが、感度に優れたPEラインを使っていると「コツコツ」とした前触れが竿先に感じられます。
ただし、早アワセは厳禁。
コツコツの小さなアタリを辛抱強く待って、竿先がジワリと絞り込まれてからそこでゆっくりと確実に竿を起こしてフッキングさせるのがコツです。
DSC04720.jpg


この日は予想通り、早朝からサケの活性が高く、スタート直後からあちこちでヒットの連発です!
私も一投目で、5キロオーバーのオスをキャッチ。
その後も順調にヒットが続き、1時間で5尾のリミットを達成しました。
途中、3尾目以降はいろいろと実験ができたので、あらためて最高の勉強になりました。
DSC06818.jpg

久慈川ではスタッフの方々が魚の取り込みや計測をやってくれますし、根掛かりすると外すのを手伝ってくれる人もいます。
那珂川では取り込みは自分でやらなければいけないので、大型の玉網は必須です。
魚を運ぶためのフィッシグリップか使い捨ての手袋もあると便利だと思います。


結局、リミット達成は私が一番乗り。
その後、2時間ほど周囲の釣り人さんたちと雑談してましたが、なかにはゼロ尾の人もいて、サケ釣りの奥の深さを痛感させられました。
ちなみに、那珂川はノベ竿でのエサ釣りの人も多くて、コンスタントに良型を取り込んでいました。
「食い気のある魚は意外と足元近くにいる」
これは、サケ釣りでも共通の格言かも知れませんね。

震災以前は木戸川で楽しんでいたサケ釣りですが、ここ数年は久慈川や那珂川をはじめとして関東のいくつかの河川でもサーモンフィッシングを楽しめるようになっています。(木戸川も復活するようです)

以前なら北海道に行くしかなかった釣りを身近な場所で楽しめる。
そして、ウチの嫁でも大物が釣れるように、ビギナーさんでも十分に釣れるチャンスがあります。
ぜひ、来年はサケのビッグファイトを体験してみてはいかがでしょうか?


プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。