スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北浦のワカサギ釣り

茨城県・北浦では岸からのワカサギ、涸沼ではセイゴやフッコが釣れてますね。
私は、もう少し大きいのを狙って北上します。

14484723_1058623794234291_9002106604927585459_n.jpg
14448891_1058623534234317_4079873163476818179_n.jpg
スポンサーサイト

田舎暮らしの仲間たち

昨日は、日本最強のDIYerの栗田さんと次回の雑誌連載の打ち合わせ。いつものように創作者と編集者の「いい加減」なやり取りで、ナイスなアイディアが固まりました。ウチのログハウスで、さらなるおもしろいことができそうな予感です。
そして今日は、地元移住組の熱き若者たちと収穫したばかりの新米&サンマ&鹿肉でBBQ。全国を飛び回っている彼らの一生懸命な話を聞いていると、こちらも嬉しくなってくるし、いい刺激をもらえます。
若者たちと私、そして栗田さんに至っては年齢差が約40歳近くになりますが、年齢は全然関係なく付き合える間柄というのが最高です。若者たちがここから巣立つまでは、全面的に応援したいですね〜。

14481792_1057928627637141_7083889130640931777_o.jpg
14485048_1057928704303800_5172350980694335086_n.jpg

『つり人』11月号にて、ノベ竿の渚釣り

夏の賑わいがウソのように寂しくなった内房の海岸。。
ですが、これからの季節はクロダイやシロギス、シタビラメ、イシモチ、コチといった美味しい魚を狙った「渚釣り」が最高に楽しくなってきます。
そのノウハウを24日発売の「つり人」最新号にて、たっぷりと紹介させていただきました。

14358871_1055256024571068_490009081230978104_n.jpg
14369990_1055256007904403_5669369126025016069_n.jpg

ビッグイシュー日本版

知人から、再掲載されてるのを教えてもらいました。懐かしい。。
たしか、このときのカメラマンさんは漁師サンダルで来てた記憶があります(笑)

『海だけは飽きない 自分の足元の石をひっくり返すと、愉快な仲間が迎えてくれる……』

貴重な釣り雑誌

琵琶湖周辺の定番の釣りからレアな釣りまでを紹介している『ウォルトン』の新刊が届きました。いまや出版業界は大手でも苦戦している時代ですが、こちらは、一個人で発行している希少な釣り雑誌。
類書と違って商品紹介が極端に少なく、そのぶん本来の釣りの楽しさがたっぷりと感じられる誌面になっています。
『週刊 日本の魚釣り』の頃から協力してくれた編集長のKさん。今後の手腕にも期待です。

14434951_1053131631450174_6386593997166351067_o.jpg

房総の里山で小屋作り

昨日は、房総の里山でセルフビルドを楽しんでいるOさんの現場へ。
DIY雑誌でもお馴染みの木村棟梁のもと、妻壁の収めや防湿シート張りなどを行いました。
最近、いろいろなセルフビルドの現場を見てますが、どこでも皆さんの顔が輝いてますね。やっぱり、家づくりっていうのは最高のイベントなんだとつくづく思います。
寂れた駅前にある謎の中華屋さんも最高でした(笑)。

14330010_1051408778289126_6440215064285715136_n.jpg
14311453_1051409731622364_1849799219441851575_o.jpg

チェーンソーワークショップ

近所の若者たちに、チェーンソーの使い方を教えてきました。
『チェーンソーの使い方体験・開墾ワークショップ』

ソウダの叩き

今日は早朝の2時間ほど竿を出してみましたが、小さめのカツオが一本だけ。。。
家族分には全然足りませんね〜。
それでも貴重な身をサク取りして、稲ワラの強火で一気に表面を焼き焦がしてタタキに。
新米との相性はどうかな?

14355596_1050158591747478_6588439934569857282_n.jpg

新米、いただきます。

14292347_1046886952074642_2176154639975940896_n.jpg

米作り、ラストスパート!

昨日も近所の若者たちと一緒に、今年の米作りの最後の作業となる餅米の脱穀。
30キロの米袋や長い竹材を軽々と運ぶ若者パワーはさすがです!
途中、脱穀機からモクモクと煙が出るトラブルが発生しましたが、とりあえず終了(汗)。
今年の米作りは、本当に若者パワーに助けられました。
これは感謝の収穫祭やるしかないですね〜。
新米&サンマか、新米&ジビエ焼き肉か、それとも釣ったハゼで天丼もいいかも?

14292357_1046134248816579_4708674271534580958_n.jpg
14332982_1046134235483247_7712831212380274073_n.jpg
14333572_1046134268816577_3015697861685378720_n.jpg

房総の堤防でソウダ、メジナ、アイゴが快釣!

今朝も3時間ほど、内房の堤防で竿を出してみました。
誰もいない堤防で貸切状態のなか、ソウダガツオ、メジナ、アイゴ、シマダイなどが連発!!
今回もいろいろな釣り方を試して、いろいろな気付きがありました。
この気付きの積み重ねが原稿書きに役立ってくるので、短時間でもマメに釣りに行くことを心がけてます。
けっして、遊びではありません(笑)

14233115_1044441218985882_8844156062313642857_n.jpg
14291781_1044441235652547_1598385084301669960_n.jpg
14292286_1044441268985877_7737496876703309194_n.jpg

だれが主食を作るのか?

この記事を書いてから10年目。
いま、近所に移住してきた若者たちが、我が家の米作りに協力してくれている。
週刊誌をやっていた頃は何度も米作りをやめようと思ってきたけど、やっぱり続けてきてよかったかな?

『だれが主食を作るのか?』

フクロイソメで房総ハゼが入れ食い!

昨日は、今シーズン初めてのハゼ釣りに出かけてきました。
まずは、餌に使うフクロイソメを釣り場で採取。
魚が生息する場所で採れるエサは食いが抜群だし、自分でエサを採取することでそのエリアの生態環境を掴める大きなメリットがあります。
この日も、エサが集まっているポイントで良型のハゼが入れ食いになりました。
さすがに彼岸近くなってくると、釣れるハゼのサイズも立派ですね。
今回は他の場所で釣ったサヨリとアイゴとともにお刺身に造って、近所の若者たちに差し入れしました。

14233230_1041760622587275_1462179603168336759_n.jpg
14224794_1041760572587280_8000485309085937179_n.jpg
14199440_1041760509253953_5578339158155600850_n.jpg
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。