夏のカワハギ釣り

稲刈りの翌日は、釣友の古山氏と内房総の沖で夏カワハギ。
水深5〜7mの浅場で皆さん良型爆釣でしたが、私はなぜか大不調!
で、ひとつテンヤに切り替えてカサゴ狙いでした。
夏カワハギの味ですが、手の平サイズはキモパンで、身も厚みがあって美味。
それよりも大型のは身が薄く、キモなし、味はまあまあ程度でした。。

11057112_840316369398369_4801255420357017913_n.jpg
11178188_840316399398366_2505693895880144573_n.jpg
11953227_840316426065030_5625057353566825971_n.jpg

稲刈りとオダがけ

相変わらず、バタバタと動いております。
週末はウルチ米の稲刈り。
雨まじりの天候でしたが、遠方からも助っ人に来て頂いて、無事にオダ掛けまで終了しました。
来週には、天日干しのコシヒカリを味わえそうです。

11896084_835599133203426_1914263189719133899_n.jpg
11947486_840314456065227_8000844907478665505_n.jpg
11952033_843669112396428_2394131969954879405_n.jpg

グローブとカサゴの刺身

テレビで高校野球を観戦していた次男がやってきて、「父ちゃん、キャッチボールやろう」。甲子園の熱戦に感化されたのか?(笑。ウチにあるグローブはすべてボロボロでしたけど、久しぶりのキャッチボールは結構楽しかったな〜。
次男は明日から九州へ剣道合宿へ。今夜は刺身が食べたいというので、ちょっとだけボートを出してカサゴやイトヨリダイを快釣。青物も期待しましたが、今日は留守のようでした・・

11923262_834254660004540_5180784159517679649_n.jpg
11903780_834254910004515_858572802292294791_n.jpg

壁の漆喰塗り

デスクワーク前のひと仕事は、隠れ家の漆喰塗り。
最近の漆喰はあらかじめクリーミーに練られているので、素人でも手軽に壁塗りを楽しめます。

8-18.jpg

個人で作っている釣り雑誌

『週刊 日本の魚釣り』でも大変お世話になった『ウォルトン』さんから最新刊を送って頂きました。
琵琶湖周辺の釣りを主に、ホンモロコやタモロコ、タナゴといった小物釣りの解説にも力を入れている貴重な雑誌です。
今、個人で紙の雑誌を出版するのは非常に大変な時代ですが、
他誌とは一線を画した内容でこれからも頑張って欲しいですね。
私的にも励みになりました!

8-17.jpg

内房総の堤防でイナダとシイラが釣れてます!

8-16.jpg

内房総の釣り場が早朝から賑わっていると思ったら、イナダやシイラが釣れてました。
皆さん、メタルジグの高速引き、スピンテイルのリフト&フォールで誘ってます。

デッキ作りのヒント

日本一のセルフビルダー・栗田さんの工房へ、久しぶりにお邪魔してきました。
我が家のデッキ作りの相談に行ったのですが、相変わらず栗田さんの無限のアイディアには脱帽です。常識にとらわれないことはもちろん、つねに楽しさとシンプルさを追究する考え方がアイディアの源泉のようです。釣りも同じですね!

8-14.jpg

信州へふたり旅

先週に続いて息子とふたり旅。今度は長男です。
場所は、私の第二の故郷・伊那です。
用事を済ませて、竿を出しましたがウグイが釣れたのみ・・。
しかし、久しぶりの信州の渓流に癒やされました。。

8-8.jpg
8-8a.jpg

再び熊本へ・・

次男と再び熊本へ行ってきました。
用事はささくさと済ませて、あとは観光巡りです。
こうしてゆっくり旅をするのは久しぶり楽しめました。

DSC04658.jpg
DSC04752.jpg
DSC04675.jpg
DSC04686.jpg
DSC04693.jpg
DSC04706.jpg
DSC04756.jpg
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント