スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

房総半島で数珠子釣り。その4

今回は、千倉の港で数珠子釣りに挑戦。
ここは足元の水深が5m前後あるので、長竿で勝負です。

数珠子の場合、海底から手元まで抜き上げる距離が短いほど釣りやすいのですが、
高活性のハゼなら、5m近くの距離を抜いても数珠を離そうとしません。
なんだ、釣れるじゃないか!(笑

IMG_1486.jpg
スポンサーサイト

ハゼの数珠子釣り・その4

ちょっと時間ができたので、動画編集に初挑戦!
といっても、切り貼りして音を入れただけですが・・。

今日から開催しているフィッシングショーでは話題にも上らない釣りだと思いますが、
個人的には最高にハマっています!
(音声が出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=DDUtBu4j7E4

房総で数珠子釣り。その3

またまた、出掛けてきました!
今度は、最強アングラーのカシワギさんも一緒です。

ハリを使わない釣りは、いろいろな意味で難しい。
だから「数珠子釣り(数珠釣り)」は最高にワクワクするし、ベテランにとっては改めて勉強にもなります。
そして、初めてこの釣りを体験すると、すべての人が歓喜の声を上げます(笑

1-25juzuko2.jpg
1-25juzuko.jpg

房総で数珠子釣り。その2

1-18juzuko.jpg

試作の数珠子竿で、撮影終了。
この釣り、最高です!

数珠子竿の自作

久しぶりに工房に入って、竿作り。
といっても、無塗装の突貫ですが・・・。
材料は、庭に大量に生えている篠竹。
グリップは工房に転がっていた桐材を使って、
1時間ほどで「数珠子竿」の完成!
と、思ったら意外と持ち重りしたので、
竿尻に1オンスのバランサーを入れて、今度は完璧!

1-15juzuko.jpg
1-15juzuko2.jpg

房総半島で「数珠子釣り」

仕事は山積みでしたが、今シーズン中にどうしても試したい釣り方があってまたまた出掛けてきました。
それは、世界的にも珍しい、釣りバリを使わない伝統漁法「ハゼの数珠子釣り(数珠釣り)」。
(くわしくはこちらをどうぞhttp://hodai.blog77.fc2.com/blog-entry-966.html

松島湾のロケで感激して以来、いつか房総半島でも試そうと思っていたのですが、それをついに実現できました。
しかも、岸釣りで良型が大爆釣!
なんと2匹同時に釣れたのも3度ありました。

この釣りを経験したことがある人はほとんどいないと思いますが、こんなにドキドキワクワクする釣りはないと断言できます。
お付き合い頂いた釣りの達人・カシワギさんも、人生初の数珠子釣りに大感激のご様子でした。

以前のブログにも書いているように、現在、数珠子釣りを継承する漁師はわずか数人。
とはいえ、けっして難しい釣りではありませんし、今回のように状況によってはハリを使うより効率的に釣れる事もあります。
なにしろ、魚からハリを外したり、エサを付け替える手間がありませんから。
このメチャクチャに楽しい釣り、いろいろな形で全国の皆様に広められたらと思ってます。

ちなみに、房総の寒ハゼは最高においしく、120尾ほどが刺身や唐揚げなどで、あっという間に息子たちの胃袋に消えました(笑

1-13juzuko.jpg

房総の寒ハゼ釣り

昨日は寒ハゼ狙いで、カシワギさんと一緒に房総半島を巡ってのエグリ旅。
期待したA港はダメでしたが、最後に到着した某所で良型の寒ハゼが爆釣でした!
それにしてもこんなに美しいハゼを見るのは、松島湾の数珠釣り以来ですね〜。
やっぱり、房総半島も侮れません!

1-10haze.jpg

初釣りは、東京湾のショウサイフグ

富士山を眺めながら、のんびりと福(フグ)釣りを楽しむ。
背後には観音様。
縁起を担いだ恒例の初釣りは、3人で約70尾でした。
今年は、どんなおもしろい釣りと出会えるかな?

1-3hugu.jpg

新年

元旦の房総は、雪景色になりました。
寒いはずですね〜(笑。
本年もよろしくお願い申し上げます。

1-2shogatu.jpg
1-2shogatu2.jpg
1-2shogatu3.jpg
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。