今朝の市場

10-31itiba.jpg

今朝の市場は、アジ、カワハギ、ソウダ、ホウボウが大漁。イシダイも入ってたので、磯でも釣れるかも。スズキはまだでした。

東京湾でひとつテンヤ

今回は久しぶりに、内房総でひとつテンヤ。
沖縄式にイカエサを使ってみたら、良型のイトヨリが連発。
イトヨリとしては特大の50センチ級も釣れました。
イカエサは安価で、エサ持ち抜群なのがいいですね。
食いもエビに負けてません。
さらには特大のカイワリ、海面ではあちこちでナブラ。
内房総で釣りするなら、これから最高の季節です!

10-29tennyaika.jpg
10-29kaiwari.jpg

名人に教わった必殺のエサ

10-26esa.jpg

磯でシイラ釣り

10-24siira.jpg

仕事中、W氏からの連絡で近くの磯でイシダイ中とのこと。
休憩がてらに冷やかしに行くと、相変わらず鳥山があちこちに。
ルアーを投げてみると、シイラが入れ食い!
60センチ前後の小型ですが、結構楽しめました。

東京湾の堤防で、シイラとイナダ

午後から吹き始めた強風が気になったので、仕事を中断してウチの前の海に出てみると、もの凄い鳥山、そしてナブラ!
さっそくメタルジグをフルキャストしてみると、いきなりシイラがヒット!
富津の堤防でシイラが釣れるのは珍しいのですが、足元をよく見てみたらシイラが無数に泳いでました(笑。
さらにキャストを続けていると、シイラは追ってくるものの手前でUターン。
どうやらシラスを食っている様子だったので、超小型ジグを投げてみたら、今度はイナダ。
隣で釣っていた人は、岩井で90センチのスズキを釣ったそうなので、
いよいよ、秋のシーズン開幕ですね!

10-23siira.jpg
10-23inada.jpg

信州・犀川にて。

10-18alup.jpg
10-17saigawa.jpg

撮影前のひと投げは、撃沈(笑。
でも、地元の人はイクラ、マグロの切り身、ミミズなどのエサで40〜50センチ級のニジマスやブラウンを連発してました。
それでも濁りで食いは渋いらしく、台風前は30尾の爆釣だったとか。

久しぶりの安曇野へ

10-17azumino.jpg
10-27carving.jpg

先日の安曇野ロケは釣り、ではなく久々にチェーンソーアートでした。
伴さんと栗田さんの夢の対談。
くわしくは、『夢の丸太小屋に暮らす』の誌上にて!

剣道

久しぶりに息子の試合を見に来ました。
個人戦はベスト8、団体は準決勝進出。
次は強豪相手。がんばれ!!

10-12kendo.jpg

相模湾のマグロ

相模湾にて取材。マグロは結構跳ねてましたが、残念ながらノーヒット。シイラはたくさん釣れました。。

10-9siira.jpg
10-9siira2.jpg

ウツボのさばき方

昨日狙っていたのは、「ウツボ」でした(笑)!
このウツボ、一般的には超外道扱いですが、房総では美味しい食材として意外と人気です。
唐揚げや汁物にすると、上質な味にビックリしますよ。

ただし、ウツボはさばきにくい魚で、骨が硬いのが難点です。
私流のさばき方をご紹介しましょう。

1,まず、ウツボを活きじめにして粗塩でぬめりを洗い流します。ちなみに、ウツボは肛門部分を強く叩くと気絶してくれます。

2,まな板(不要な板切れでOK)に目打ちしてウツボを固定したら、エラの後ろから包丁を入れて腹開きにしていきます。
IMG_7266_20160613165017b14.jpg

3,ここまでは、ウナギのさばき方と同じですね。
IMG_7283.jpg

4,内臓を覆っている筋肉を背骨から切り離していきます。
IMG_7305.jpg

5,内臓を取り除きます。
IMG_7341.jpg

6,続いて、背びれに付いている形い小骨を背びれと一緒に切り離します。
IMG_7374.jpg

7,骨が残らないように、ていねいに取り去りましょう。これをしないと、唐揚げにした時でも骨が口に当たります。
IMG_7383.jpg
IMG_7399.jpg


8,続いて、背骨を取り外しますが、ウツボの背骨の断面は三角形をしているので、二回に分けて包丁を入れるのがコツです。
IMG_7427.jpg

9,このあたりが、ウナギのさばき方と違うところですね。
IMG_7442.jpg
IMG_7481.jpg

10,さらに、ウツボは身にも小骨列があるので、指先の感覚で骨列を探してから、薄くていねいに取り去ります。ここはよく切れる包丁を使いたいところですね。
ちなみに、尻尾部分はさらに小骨が多いので、ていねいに取り除くには根気が必要です。
IMG_7514.jpg

以上が、ウツボのさばき方になります。
プロの料理人はもっと上手にさばいているはずですが、
なかなかウツボのさばき方ってWebで紹介されてないんですよね。
まあ、ここでご紹介した私の方法でも普通に食べられますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

大雨の釣り

土砂降りの中、撮影用の某高級食材を釣りに布良の磯へ。
楽勝と思ってましたが、最初に何かの魚をバラシてから大苦戦!
夕方まで粘って最後の最後にゲットしました。。

10-1utubo.jpg
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント