スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湊川のハゼ、好釣!

今シーズン初めて、湊川のハゼを狙ってみました。

IMG_0456.jpg

先日のザフィッシングでも、村越さんが河口を紹介してましたね。
ちょうど10年前、同じ場所で一緒に釣りをしたのを思い出しました。

で、今年のハゼの魚影はかなり濃い様子。
マルキユーの人工餌もいい感じでしたね。

IMG_7705.jpg
スポンサーサイト

『週刊 日本の魚釣り』156号

クロアナゴの沖釣り
カンダイのウキフカセ釣り
ランディングネットを作る
名釣り場・東京都神津島

神津島、いい時期に行ってみたいですね〜!


週刊 日本の魚釣り 2013年 10/2号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-09-25)

南房のキントキ釣り

『週刊 日本の魚釣り』のロケで乙浜港へ。
狙いは旬を迎えたチカメキントキ。

が、台風のウネリで海は激荒れ!
DSC06578.jpg

10時上がりでチャンスは少なかったですが、内容の濃い取材でした。

DSC06589.jpg

霞ヶ浦一周の釣り旅

翌日は霞ヶ浦一周です(汗。

こんなホソでマブナやコイっ子、ヤリタナゴを釣ったり、

9-20-1.jpg
9-20-5.jpg

湖岸でコイやワカサギを釣っている人に話を聞いたり、
(アメリカナマズ爆釣してました)
9-20-3.jpg

穴場的スポットで、オオタナゴを爆釣したり。。。

9-20-4.jpg
9-20-2.jpg

それにしても、以前はたくさん釣れたヒガイやアカヒレタビラは釣果ゼロ。
かすみがうら市水族館のNさんによれば、オオタナゴやアメリカナマズの影響が大きいとのこと。
考えさせられます。。

かすみがうら市水族館にてロケ

『週刊 日本の魚釣り』のロケで霞ヶ浦へ。
以前お世話になった、かすみがうら市水族館のNさんに頼んで、
魚の飼い方の撮影です。

で、その前に湖畔の水産店さんに寄り道。
朝獲れのシラウオをつまみぐいさせてもらったら、最高に美味!
当然、買って帰りました(笑。

9-19-2.jpg

水槽の撮影は、順調に終了。

9-19-1.jpg
9-19.jpg

この水族館では霞ヶ浦に棲息する魚はもちろん、
さまざまな淡水魚海水魚を見ることが出来ます。
この日は、人気急上昇中のダイオウグソクムシも来館。
霞ヶ浦の釣りの帰りには、ぜひ!

『週刊 日本の魚釣り』155号

ハゼのノベ竿釣り
ケンサキイカ釣り
生態・メダイ、マルタ
名釣り場・山梨県道志川

ハゼ釣りのいい季節ですね。


週刊 日本の魚釣り 2013年 9/25号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-09-18)

田舎の運動会

中学生になった次男の運動会へ。
少人数ならではのアットホームな雰囲気。
非常にいい感じでした。
9-14.jpg

八丈島にてイシガキダイのヘチ釣り

『週刊 日本の魚釣り』のロケで八丈島へ。じつに20年ぶりです。
相変わらず海は美しく、
堤防のまわりにはムロアジの大群が普通に泳いでました。

9-11-2.jpg

当然、泳がせ釣りが人気で、カンパチやシイラが普通に釣れてます。
まさに、八丈島の底力!

9-11-3.jpg
9-11.jpg

島を一周して、ポイントの撮影もバッチリ。

そして今回のメインは、イシガキダイのヘチ釣りです。
このライトタックルを使った石物釣りを開拓したのは、
ルアーアングラーにはお馴染みの、地元在住・パパ大津留さんです。

さっそく竿を曲げるパパさん。
9-11-7.jpg
9-11-6.jpg

この釣り、かぶせ釣りにも共通する大きな可能性を感じました。
いろいろな意味でハマる予感がします。
くわしい釣り方は『週刊 日本の魚釣り』にて!

『週刊 日本の魚釣り』154号

イトウのフライフィッシング
アオリイカのボートヤエン釣り
ムギイカ釣り
名釣り場・新潟県粟島

どれもやってみたい釣りです!

週刊 日本の魚釣り 2013年 9/18号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-09-11)

イシダイのカカリ釣りにチャレンジ!

『週刊 日本の魚釣り』の取材で、イシダイのカカリ釣りに出掛けてきました。
お世話になったのは、猪瀬などの渡船でもお馴染みの「鳴釜渡船」さん。

通常、イシダイといえば荒磯で豪竿を振って釣るイメージですが、
このカカリ釣りでは、同じタックルを使いながらもチョイ投げで楽しめます。
しかも、船長さんがつねに的確なアドバイスをしてくれるので、
ビギナーでも本イシに出会えるチャンスがあります。

で、イシダイビギナーの私にも幸運が!

IMG_5519.jpg
IMG_5552.jpg

エサ代や乗船料はそれなりの金額になっちゃいますが、
憧れのイシダイに出会いたいなら、一番の近道かも知れません。

『週刊 日本の魚釣り』153号

アカハタの投げ釣り
ギマのボート釣り
ブルックトラウトのフライフィッシング
アユ毛バリ(ドブ釣り毛バリ)の製作方法
名釣り場・鹿児島県甑島列島

アユ毛バリ作り、奥が深いですね〜。

週刊 日本の魚釣り 2013年 9/11号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-09-04)

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。