『週刊 日本の魚釣り』148号

暑い日が続きますね。
房総半島も釣り人が多くなってますが、熱中症にはご注意を。

ブダイの投げ釣り
ウナギの穴釣り
カヤウキを作る
ミッドノット
アブラボテ、ゼニタナゴの生態
名釣り場・福島県猪苗代湖

今週号も頑張りました!

週刊 日本の魚釣り 2013年 8/7号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-07-31)

『週刊 日本の魚釣り』147号

サクラマスのバケ釣り
オイカワのスピード釣法・実践編
名釣り場・鹿児島県トカラ列島
日本の釣り名人・常見忠

週刊 日本の魚釣り 2013年 7/31号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-07-24)

『ゼロからのつり入門』発売開始!

『週刊 日本の魚釣り』で超多忙のなか、
密かに進めていた子供向けの釣り本が、いよいよ発売になりました。

『ゼロからのつり入門』

巻頭のマンガ編から始まって、
はじめて釣りをする小学生にお勧めの海・川・湖の釣りを網羅しています。

ビジュアルは子供向けですが、内容的には大人にとっても読み応えがあるので、
お父さんお母さんにもお勧めですよ!

ゼロからのつり入門 (入門百科+)

小学館 (2013-07-19)
売り上げランキング: 31,096


琵琶湖釣りの旅

春に続いて、再び琵琶湖に行ってきました。

同行いただいたのは、今回もウォルトン舎の北原さん。
地元で琵琶湖の釣りを中心とした釣り雑誌を編集している方です。
ホンモロコ釣りやコアユ釣りなど結構マイナーな釣りを紹介してますが、
いまの時代、こうした雑誌は非常に貴重だと思います。

さて、今回の一魚種目は「ハス」。
昔、利根川でよく釣りましたが、本家本元はここ琵琶湖。
楽しみにしてましたが、北原さんが案内してくれたポイントを見て唖然(笑。

7-16-3.jpg

まさに、ハスの超大群!(その下をコアユが泳いでます)
さっそくテンカラを投げてみましたが、まったく無視されました。。。

で、駆けつけてくれたのが強力な助っ人、kyotoflyの窪田さん。

7-16.jpg

さすがに子供の頃から琵琶湖で釣りをしていただけあって、
ビシバシと良型のハスを釣り上げていきます。

7-16-1.jpg

私もルアーでファイトを堪能。

7-16-2.jpg

これはビギナーにもお勧めのターゲットでしょう。

二日目は、私の好きなアユのエサ釣り。
といってもいつもの超軽量ウキ仕掛けではなく、
仕掛けの下にラセンカゴを付けた「サビキ釣り」です。

で、その威力はこの通り。

7-17-1.jpg
7-17.jpg

琵琶湖では、ある意味贅沢な釣りを楽しめます。
来シーズンも2回は来てみたいですね。

『週刊 日本の魚釣り』146号

暑い日が続きますが、朝夕は肌寒いぐらいの房総半島です。

さて、今週号もいつものように充実の内容です!

オイカワのウキ釣り・スピード釣法編
コアユのサビキ釣り
釣魚料理の基本・焼き物編
クラカケトラギスの生態と釣り
名釣り場・北海道奥尻島

オイカワのスピード釣法は、
1日に1,000尾を超える釣果を叩き出す驚異的なテクニック。
世界に誇れる釣り方といってもいいでしょう。
かつて『川釣りの極意』でも紹介したことがありますが、
現在ではさらに進歩してました。

週刊 日本の魚釣り 2013年 7/24号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-07-17)

カツオの一本釣りに挑戦!

昨日は『週刊 日本の魚釣り』のロケで、
人生初のカツオの一本釣りでした。
お世話になったのは、茅ヶ崎の「一俊丸」さん。

DSC_0510.jpg


カツオの活性は高く、ミヨシの散水回りでは爆掛かり状態。
フカセ仕掛けで、船から離れた位置を狙っている人も爆釣です。
キメジも上がってました。

が、散水の端にいた私の釣り座には
全然魚がまわってこず。。
一応、撮影なのでカメラマンから無言のプレッシャーです(汗。

で、最後に船長の計らいで前列に移動してみると、
こちらにはカツオがピュンピュン泳いでました。

一本釣りではエサのイワシを水面ギリギリに泳がすのでセオリーなようですが、
カツオが水面下30センチぐらいを泳いでいたので、
イワシが下方向に泳いでいくのに任せているといきなりアタリ!
ほんの5秒ほどのファイトでゴボウ抜きでした(笑。

帰宅後は、さっそくカツオのタタキです。
私はウチの畑で収穫したニンニクとタマネギをたっぷり添えて、
子供たちはカツオ寿司にしてペロリ。

今度は、フカセ釣りもやってみたいですね。


DSC05960.jpg

『週刊 日本の魚釣り』145号

暑い日が続きますね〜。
釣りに出掛けるときには、熱中症対策は欠かせませんね。

**
メバルのカブラ釣り
コイのパンプカ釣り
船竿の特性
名釣り場・静岡県伊豆半島(南部、西部)

週刊 日本の魚釣り 2013年 7/17号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-07-10)

『週刊 日本の魚釣り』144号

マダイのビシマ釣り
メバルの泳がせ釣り
渓流のルアー釣り・ステップアップ編
丸節竹のフライロッドの作り方・STEP2
名釣り場・北海道屈斜路湖

今週も盛りだくさんです!

週刊 日本の魚釣り 2013年 7/10号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-07-03)

矢口高雄さんの取材

『週刊 日本の魚釣り』の取材で、
矢口高雄さんのお宅へおじゃましてきました。

矢口さんといえば、釣りキチ三平の生みの親。
我々世代の釣り人にとっては、神様のような存在ですね。

『週刊 日本の魚釣り』創刊時から、
いつか必ず紹介しようと思っていた巨匠。
というか、日本の釣りを語るとき、
この人だけは紹介しないわけにはいかないでしょう。

昨日の取材で深遠なお考えをうかがって、
改めてその思いを新たにしました。

7-2IMG_6354.jpg
7-2DSC05911_20130704124912.jpg

夢丸の取材

夢の丸太小屋に暮らすの取材で、栗田邸へ。
今回はチェーンソーの取材でした。
スチールのMS170、かなり使いやすく、それでいて値段は破格の2万円台!
これは買いかも。。

7-1IMG_5991.jpg
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント