スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『週刊 日本の魚釣り』122号

久しぶりに、実家近くの手賀沼に行ってきました。

昭和の高度成長期以降は水質汚染ワースト1で知られた沼ですが、
近年の利根川導水によって、見た目には水がかなり綺麗になっています。
そのお陰なのか、一時は壊滅状態だったマブナやタナゴたちも、現在では各所で復活しています。

ところが、昨日の朝日新聞の記事によると、
利根川の水を大量に導水したことで、手賀沼全体の生態系が「河川化」しているそうです。
結果、プランクトンが減少して、それをエサにしていた水鳥たちも急減したとか。。

そういえば、以前はほとんど釣れなかったヤマベなどの利根川由来の魚たちが、
現在の手賀沼では普通に釣れるようになってます。
逆に、プランクトンをエサにするヘラブナとかはどうなるんでしょうね。

まあ、単に水質だけを綺麗にするという発想では、
一度壊れた生態系を元に戻すことはかなり難しそうです。
それでも、何千何万という魚の死骸が水面に浮いていた私の子供の頃よりは、
いまの手賀沼ほうが全然いいのだと私は思っています。

***
というわけで前置きが長過ぎましたが、
今週号も頑張ってますよ!

まずは、「クロダイの渚釣り・実践編」。
こちらは、マルキユーのスタッフの方々に協力していただきました。

続いて、「コイのフライフィッシング」。
多摩川流域在住の釣りジャーナリスト・奥山文弥氏のご協力。この釣り、かなり面白いです。

名釣り場「福岡県・柳川堀割」。
このときの取材でも、小物釣りの聖地だと確信しました。

「釣りと女性」。
いま、釣り場で元気な女性を見ることが多くなりましたね。
C.S.C.ナオミさん、ほか多数の方々にインタビューしたものをまとめてます。

「アカメフグの生態」
今度、ある方法でアカメフグを捕まえに行きます(秘密の方法ですが、釣り竿は使いません)。

今週号も盛りだくさんです!


週刊 日本の魚釣り 2013年 2/6号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-01-30)

スポンサーサイト

手賀沼のタナゴ

好例の手賀沼ぶらり散歩。
今日も、湖畔のホソにはぎっしりとタナゴ釣りファンが集ってました。

1-30.jpg

ログハウスの下屋2

今日は下屋正面の壁作り。
掃き出し窓も入れてみました!

1-27.jpg

『週刊 日本の魚釣り』121号

昨日はイシモチ釣りロケの視察。
寒い中、スタッフの皆さん頑張ってくれました。。

というわけで、今週号も充実です!

アメマスのルアーフィシング
クロダイのフライフィッシング
釣りのウエア
名釣り場・島根県宍道湖・中海
魚の遊泳能力

週刊 日本の魚釣り 2013年 1/30号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-01-23)

イシモチのウキ釣り

『週刊 日本の魚釣り』の取材。
イシモチのウキ釣りという珍しいテーマでした!

1-21.jpg

ログハウス下屋の進行

『週刊 日本の魚釣り』で超多忙のくせに、
『夢の丸太小屋に暮らす』の連載も担当しているので、
合間を縫ってそのダンドリ。
今回は、下屋の壁作りでした。

1-20.jpg
1-20a.jpg
1-20c.jpg

『週刊 日本の魚釣り』120号

房総ではすっかり雪は溶けましたが、東京では結構残っているらしく、
今日の取材は中止になりました。。
また、天気のいいときに仕切り直しです!

というわけで、今週号も充実度バリバリです!

マダイのウタセ釣り
ボラの風船釣り
沖堤・沖磯活用術
名釣り場・宮崎県耳川
潮目の科学

「ウタセ釣り」「風船釣り」って何だ?と思われた方は、ぜひご一読を!

週刊 日本の魚釣り 2013年 1/23号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-01-16)

ログハウスの塗装

今日は気持ちのいい天気だったので、
次男がログハウスの塗装を手伝ってくれました。

これで2年ぐらいは大丈夫かな?

1-12a.jpg

1-12.jpg

『週刊 日本の魚釣り』119号

暮れにできなかった事務所の大掃除をしていたら、
竿やウキ、ルアーなどの作製道具がたくさん出てきました。

道具作りに夢中になっていた頃は、結構、時間の余裕があったのだと納得。
しかし、いまは・・・。
とりあえず『週刊 日本の魚釣り』、頑張ります!

今週号は、
クロダイの渚釣り
沖のモロコ釣り
ダブルチチワ結びの方法
コマイの生態
名釣り場・滋賀県琵琶湖

充実度満点です!

週刊 日本の魚釣り 2013年 1/16号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-01-09)

『週刊 日本の魚釣り』118号

昨日は房総でも爆風が吹き荒れて、誘われていたフグ釣りは延期に。
スズキはよさそうですが、
どっちにしても締め切り間近なので今日はデスクワークです。

新年最初の118号も充実度満点です!
テンカラ釣りSTEP2
海サクラのルアーフィッシング
釣魚料理の基本・揚げ物編
クロウシノシタの生態
名釣り場・宮城県松島湾

新春の表紙は、北海道の名アングラー・村山氏が飾ってくれました。

週刊 日本の魚釣り 2013年 1/9号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2013-01-04)

ログハウスにて新年会

久しぶりに親戚勢揃いで、我が家のログハウスにて新年会。
今年もつつがなく過ごせますように。

1-2.jpg

初釣りは、家族で房総マブナ

新年明けましておめでとうございます。

相変わらずバタバタの日々が続いておりますが、
今年も新たな釣りとの出逢いを求めて、どんどん現場に出掛けたいと思っています。

で、まずは私の釣りの原点、
ホソのマブナ釣りに家族と出掛けてきました。

透き通る冬枯れの景色の中、
黙々とマブナを釣り上げていく長男。
DSC04255.jpg

今年も湧水のクレソンは健在。
夕食用に少しだけ摘んできました。

DSC04248.jpg

マブナの魚影も健在で、
透明な流れのそこかしこでヒラを打つ銀鱗が見えました。

DSC04250.jpg

次男は7センチ級に続いて、ミニマム級をゲット!

DSC04244.jpg

3センチのキンブナ。
DSC04245.jpg

こんなかわいい魚たちと手軽に遊べるのも、ホソのマブナ釣りならでは。
もっとたくさんの子供たち、いや、オトナたちにも経験してもらいたい釣りですね。

新年早々、いい感じの釣りを楽しめました。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。