スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラ台スタイルでのノベ竿アジ&メジナ

今日は『週刊 日本の魚釣り』で、久しぶりに千倉のSさんと取材。

今回のテーマは、「ヘラ台で座って楽しむノベ竿の釣り」。
海でのノベ竿釣りのスタイルは、私の著書でも長年提唱していますが、
どんなに軽いノベ竿でも、一日釣っていると結構腕が疲れてきます。

で、熟年層の方々にも快適に釣りを楽しめるスタイルとして、今回の取材になったわけです。
このスタイルに共感してくれたSさん、ありがとうございます!

これがヘラ台。
IMG_2179.jpg

台の前にセットした竿受けに竿を置くことになります。
アダプタを工夫すれば、クーラーボックスに取り付けることも可能。
IMG_2504.jpg

このスタイルで釣りをしてみると、
じつにさまざまなメリットを実感することができるでしょう。
詳しくは、『週刊 日本の魚釣り』にて!

IMG_2901.jpg

私も最後に尺メジナの強烈なファイトを味わうことができました。
やっぱり、ノベ竿の釣りは最高なのです!

IMG_7980.jpg

スポンサーサイト

『週刊 日本の魚釣り』113号

カジカの穴釣り
フエダイの投げ釣り
カジキのトローリング
フィッシングナイフの選び方
シマイサキの生態
名釣り場・利根川源流部

相変わらず、小物から大物まで日本各地の釣りを紹介してます!

週刊 日本の魚釣り 2012年 12/5号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2012-11-28)

『週刊 日本の魚釣り』112号

今日もデスクワークに勤しんでいると、
某所で取材をしていたライターさんから電話。
「堤防からの泳がせ釣りで、90センチ級のブリが爆釣してます!」
あ〜、釣り行きたいな〜。

というわけで、今週号も頑張ってます!

シマアジのビシ釣り
ナマズのポカン釣り
夜釣りの知識
タカベの生態と釣り方
名釣り場・栃木県鬼怒川
釣り場の危険生物

週刊 日本の魚釣り 2012年 11/28号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2012-11-21)

『週刊 日本の魚釣り』111号

今週号の巻頭は、北陸発祥のライトイカ釣り。
技術指導&モデルは、もちろん「イカ先生」です。
とてもわかりやすい解説と撮影用のポーズ(笑)、ありがとうございました!

続いて、北海道で人気の海アメのルアーフィッシング。
そろそろ島牧エリアではシーズンインでしょうか。

そしてさらに、
竿のメンテナンス術
ヘダイの生態と釣り方
名釣り場・山口県周防大島

今回も日本のあちこちの釣りを紹介しています。

0025.jpg

週刊 日本の魚釣り 2012年 11/21号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2012-11-14)

『週刊 日本の魚釣り』110号

今週号では、いよいよテンカラ釣りのスタートです。
実技指導は、誰もが認めるテンカラ釣りの神様・瀬畑雄三さん。

取材には私も同行しましたが、
川の中での無駄のない動きは、まさに自然体。
河原に連なる川石の上をポンポンとテンポよく飛び歩き、
背丈以上もあるブッシュをものともせずにかき分け、
腰まである流れも余裕で渡渉する「谿の翁」の姿には感動しました。

釣りのテクニックはもちろん、
それ以上にいろいろと学ばさせて頂いた気がします。

テンカラ釣りは十人十色ですが、
まずは瀬畑流の基本テクニックから入るのがよいかと思います。

そして、海釣りではイカ先生が登場。
今回はイカではなく、ライトタックルでのタテ釣りを紹介してくれました。

ほか、
テラピアの生態と釣り
名釣り場・北海道朱鞠内湖
日本の釣り名人「開高健」

今回も、読み応えたっぷりです!



週刊 日本の魚釣り 2012年 11/14号 [分冊百科]

アシェット・コレクションズ・ジャパン (2012-11-07)

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。