スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極寒の手賀沼で、極小タナゴたちと戯れる

あいかわらずのバタバタ状態で、
最近はブログで釣行記を書く余裕もなくなってました。

が、ある人の進言でポツポツとしたためることに。
以下、4月号の「つり人」本誌の連載を少々アレンジしたものです。
釣り場についてはくわしく書いてませんが、
そのヒントを知りたい方は、
ぜひ、つり人を買って読んでみてくださいね。

豆バラ

*****
この日向かったのは、私の古巣である手賀沼。
一時は壊滅状態だった手賀沼水系だが、
10数年ほど前から水質が改善されて再びタナゴが釣れ始めていることは、
すでに何度も紹介している通りだ。

館山自動車道と国道16号線を乗り継いで、
往年の名釣り場・中の橋落としに到着したのは10時過ぎ。
ここは、手賀沼水系でも早くにタナゴ釣りが復活したフィールドで、
この日もベテラン風の釣り人がずらりと並んでいた。
そのひとりに話しかけてみると、
今シーズンはかなり好調に釣れているとのこと。

続いて、別の人気ポイントをのぞいてみると、
こちらも多くのタナゴ釣りファンで満員御礼状態。
彼らの邪魔をしないように川底を観察してみると、
体長3センチほどのオカメがウジャウジャ泳いでいた。

さらに、ちょっと車を走らせて定番のヤッカラ帯へ。
こちらも常連さんらしき釣り人で賑わっていて、オカメが入れ食い状態。
もはや、手賀沼水系のタナゴ釣りは、
完全復活したと言ってもよさそうだ。


しかし、どうせ楽しむなら、
もう少し静かなロケーションの中で釣りたい。。。

しばし思案して、
穴場好きな私が向かった先は、子供の頃にも通っていた某所。
果たしてこちらもタナゴは復活しているのかな?

ポイントへ到着したのは、昼過ぎ。
冬枯れの田圃には、
数日前に降ったらしい雪が結構残っていた。
車の外気温計は3度。
釣り人の姿はゼロ。
霜を踏む足元からジワジワと冷気が迫ってくる。
久しぶりの張り詰めた空気感。
寒タナゴを楽しむには最高の舞台だ。

さっそく、沼の状況をチェックしてみると、
目の前で巨大なコイが数匹、悠々とクルージングしていた。
フライで狙ったら楽しそうだなぁ~などと思いつつ、
澄み切った水底にじっと目を凝らしてみる。

水底の微妙なデコボコやバンク、ミゾ、枯れ葉などの溜まり・・。
タナゴは魚体が小さいため、
こうしたわずかな地形の変化にも群れていることが多いのだ。
しかし、寒さを堪えてしばらく眺めてみたものの、
ここではタナゴの姿を発見できず。

そこで今度は、沼の近くを流れるホソをチェック。
幅は50センチほどしかないが、
水面には枯れたアシが覆い被さっていて、
いかにも釣れそうな雰囲気。

IMG_0664.jpg


私が子供の頃、このあたりのホソが、
タナゴやマブナ釣りの道場になっていたことを懐かしく思い出した。
我慢しきれなくなって、
車のトランクからタナゴ竿や水箱などの道具類を引っ張り出す。

竿の長さは80センチほど。
グラス竿の穂先部分に、グリップを装着しただけのものだ。

仕掛けは、
小型のタナゴウキをひとつセットしたシンプル仕様。
水深が浅くてボサの多いホソでは、
こうした単純な仕掛けが使いやすい。

エサはヘラ釣り用のグルテンを水で練り、
タナゴバリの先を引っ掛けてエサ付けする。
釣り始めは、グルテンエサを大きめにハリ付けして、
魚を寄せるつもりでエサ打ちしていくとアタリも早く出やすくなる。

DSC01437.jpg


断続的に誘いを入れて、
付けエサをアピールさせることもセオリー。

ところが、ホソのあちこちのポイントを攻めてみるものの、
なかなかアタリが出ない。
魚の気配はありそうなのに・・。
やっぱり、最初の場所で竿を出すべきだったかな~。

さて、どうしよう?

とりあえず、目的もなく車を走らせていくと、
途中、カーナビにホソらしき何本かの青い筋が現れる。
このどこかに、タナゴの溜まり場があるはず・・。

すると、15分ほど走った頃に、
比較的水量があるホソを発見!

ナビによると、沼まで流れが直線でつながっている。
で、車をホソ脇のスペースに止めて、
片手に竿、首に水箱を提げて歩きながら探索してみることに。

IMG_0689.jpg


それにしても子供の頃に見慣れた原風景が、
いまだにこうしてしっかり残っていて、
普通に竿を出せることがとてもうれしい。
途中、小さなポンプ小屋があって、
そこからの流れ出しがドン深になっている様子。

期待しつつ、仕掛けをそっと落としてみる。
と、本日初のアタリで釣れてきたのは、
体長3センチほどのクチボソだった。

DSC01434.jpg


さらに、連続してクチボソを釣り上げると、
徐々に活性が上がってきたのか、
小魚の群れが水面近くまで浮いてきた。

その中には、明らかにタナゴと思われる
平たい魚体がヒラを打つのが見える。
自然とエサを打ち返すピッチが慎重に。

しかし、ハリ掛かりしてくるのは、相変わらずクチボソばかり。
クチボソだってこれぐらいの小さいやつだと結構楽しいのだ、
などと自分のヘタさ加減に言い訳する。

結局、30分ほど粘っても、
ついにヒラ打ちのタナゴは私の仕掛けに食ってこなかった。
いったいナゼ??

すでに、陽がかなり傾いてきた。
これでボツったら原稿の締め切りに間に合わないぞ!
どうする?

少々焦ってきたが、
もう一度冷静になって最初のポイント方面に戻ってみることに。
さっきは素通りしてしまったが、
途中にカーナビにも出てこない竿抜けっぽいホソがあったのだ。
『川釣りの極意』(小社刊)でも、
「だれもが素通りするポイントこそが、最高の狙い目になり得る」
とか自分で書いていたくせに!

そのホソに舞い戻って、
とりあえず状況をチェックしてみる。
水深は平均20センチほどで水底が丸見えだが、
私の得意な「流れっ川」だ。

しかも、最初のホソと同様に、
ところどころで枯れアシが水面を覆っていて悪くない雰囲気。
時計は4時を回った。

気分を変えて、
ここでは自作の連動シモリ仕掛けを使用。
イトウキは通常、蛍光塗料を重ね塗りして作るのが一般的だが、
せっかちな私が採用している材料は
蛍光色のプラスチック粘土。
お湯で温めて軟らかくしてから
ケシ粒大に丸めてミチイトに付けるだけなので、
ものの数分でイトウキ仕掛けを自作できる。
微妙な浮力もあるので、
とくに流れっ川でうまく使いこなせれば最強の仕掛けになるのだ。
(作り方は『川釣りの極意』や『川釣り仕掛け大全』で紹介してます)。

さらに、親ウキはタナゴ用の高価なウキではなく、
渓流釣り用のヤマブキの目印をセット。
完全中通しなので、
流れっ川で仕掛けを上下させて攻めるには最高に使いやすく、
根掛かりでロストしても財布が傷まないから
ブッシュ帯でもガンガン攻められる。

そしてこの使い勝手のよさが、
今回の釣果を左右することになった・・。

さっそく、目星を付けたボサ穴に仕掛けを投入して
ジワジワとシモらせてみると、
川底まで30センチ以上ある。
これは意外といけるかも。

DSC01473.jpg


仕掛けを流れに任せつつ、
軽く上下させて誘いを入れていく。

寒さを堪えながら
地道にその作業を繰り返していくと、
やがてモヤモヤとイトウキがわずかに揺れはじめた。
軽くアワセを入れていくが、なかなかハリ掛かりしない。

魚の活性が低いのか?

そこで今度は根掛かり覚悟で
ブッシュの中まで仕掛けを流し込んでみる。
ほんの数センチの違いでしかないが、
こうした障害物によりタイトに着いているタナゴのほうが、
明確な食いアタリを出してくれることが多いのだ。

ヘタをするとあっと言う間に根掛かりしてしまうものの、
攻める価値は絶対に、ある。
そして、その答えはすぐに出た。

ジワジワと親ウキ(目印)をボサ下にくぐらせ、
仕掛けをシモらせた状態で、さらにミチイトを送り込んでいくと、
さっきよりも大きくイトウキが揺れはじめる。
反射的に手が動いて、軽くアワセが入る。
ブッシュをかわして引き抜いてみると、
上がってきたのは体長3センチ足らずのオカメ!

DSC01495.jpg


そのボサ下には、かなりの数の魚が溜まっていたのだろう。
最初はポツポツ程度だったのが、
徐々に入れ食い状態になってきた。
それもクチボソは全然掛からず、同サイズの豆バラばかり。
この釣れっぷりは子供の頃とまったく同じで、
何だかタイムスリップした気分だ。
自然と頬が緩んでくる。

すでに太陽は沈んでしまったが、
子供のように怒濤のごとく釣りまくった。
海釣りもいいけど、やっぱりこの釣りもやめられない。

結局、ラスト20分で30尾ほど釣り上げただろうか。
最後に水箱のタナゴたちを全部リリースし、
感謝の気持ちで釣り場を後にしたのだった・・。




スポンサーサイト

『週刊 日本の魚釣り』69号

69h

クロダイのヘチ釣り
オフショアのフライフィッシング
ニンフのタイイング
クロカジキの生態と料理
三日月湖というフィールド
名釣り場・神奈川県本牧海づり公園
魚の聴覚・・・


ウチの近所のホソでマブナを狙っていると、
ヨウジほどの枯れ枝をパキリと踏み折っただけで、
瞬時に一匹残らず逃げてしまいます。
普段、釣り人は全然いない場所なので、
人間を恐れているというより、違和感のある「音」に反応していると思われます。

魚の嗅覚能力は人間の数十万倍とされますが、
聴覚もやたらに鋭いようですね~。
今回の『魚の聴覚』、釣り人なら必見です!



ひとり編集会議

個人で書籍の企画・編集・デザイン・DTPまでやっていると、
もはやパソコン一台あれば、どこでも仕事ができます。

キャンピングカーでも買って、日本一周しながら釣りの本でも書きたいな~。
なんて夢みたいなことを思いつつ、
近所の釣り場に出掛けては「ひとり編集会議」をしてお茶を濁してます(笑。

でも実際、デスクの前であれこれ考えるよりも、
ホソを流れるウキを見ながら、
あるいは大海原にルアーをキャストしながら企画を練ってるほうが、
結構、おもしろいアイディアが下りてきたりします。

そして今日、なかなかの可能性を秘めたソフトが発表されたようです。
(いろいろと制約はあるみたいですが・・)

さっそくいじってみようと思ったら、
ウチのMacのleopardでは対応してませんでした。

ソフトは無料なんですが、新しいOSを買えということなんでしょうかね?



『週刊日本の魚釣り』68号

68.jpg

シロギスのボート釣り
クロダイのヘチ釣り
サーモンのフライフィッシング。
マダラの生態と料理
名釣り場・東京都三宅島

日本という国では、
じつにさまざまな釣りを楽しめるのだと実感できます!


房総の地磯でシーバス炸裂!

成田山でリフレッシュしたものの、
ちょっと風邪気味に。

こんなときには、温かい装備をして釣りに行くに限ります。
ということで、3時過ぎから
寒風の吹く南房総の地磯で久し振りにルアーを投げてみました。

するとラッキーにも3投目でファーストヒット!
サイズは60センチほどですが、
まだ産卵前のシーバスがトルクのあるファイトを楽しませてもらいました。

DSC01292.jpg

続いて、5分後にまたもやヒット!
どうやら沖の沈み根の周辺をシーバスの群れが回遊してる感じです。

その後、夕日が沈みかけて来た頃から、
そこらじゅうの海面でシーバスのボイルが発生!

そのボイル目掛けてフルキャストすると、
リトリーブした途端にまたもやヒット!
いずれも産卵前の個体だったので、例年よりも若干シーズンが遅れているようです。

さらに、2ヒット2バラシ。
いや~、もうお腹いっぱいです。

成田山へ初詣

成田山へ諸々の祈願に行ってきました。
ここに来るのは十年ぶりぐらいです。

DSC01248.jpg

DSC01253.jpg

相変わらずの大賑わいでしたが、
裏手に回ると滝などもあって、ひっそりと散策を楽しめたりもします。

そして表参道を歩くと、子供たちの興味津々のものばかり。

DSC01234.jpg

DSC01236.jpg

DSC01230.jpg


こちらは、成田山名物の小魚の佃煮。
クチボソやタナゴ、マブナなどは、印旛沼や水郷で獲れたものでしょうか。

DSC01242.jpg

DSC01259.jpg

DSC01260.jpg

DSC01281.jpg

昼食は、お約束の鰻重。
私は「ヤツメウナギ重」なるものを食してみましたが、
味は・・・微妙でした。。。

DSC01271.jpg

たまには、こうしてのんびりとする時間が必要ですね。
初詣というのは、
心身ともにリフレッシュする儀式でもあるのだと実感しました。



南房総の漁港で落ちハゼ釣り

南房総に暮らす釣友のSさんから、
「近所の港で20センチ級のハゼが爆釣中!」との連絡が。

釣り人たるもの、
どんなに仕事で多忙でも、これは速攻で行かないとダメでしょう(笑。

ということで、その一時間後には竿を出してました。

DSC01123.jpg

以前から、この港で越冬の巨ハゼが釣れることは聞いてましたが、
くわしいポイントを知らなかったのでSさんに教えてもらいました。

竿は、シロギスの渚釣りでも使っている「ゼロ仕様」。
これで20センチオーバーのハゼが掛かれば、最高に楽しそう!

ところが、さっそくジャリメエサで釣り始めてみたものの、
私に釣れてくるのは、どれも10センチ級の小型ばかり。。。
あちこちのポイントを探ってみても、代わり映えしません。

どうやら今回は巨ハゼに嫌われてしまったようですが、
今月末あたりに、再度挑戦しようと思ってます。

IMG_0435.jpg




房総の海の危機

原発が再び危険な状況になってますが、
私が大好きな房総の海にも、大きな問題が起きています。

のんびり釣りも楽しめなくなりつつあるニッポンですが、
子供や孫たちが心ゆくまで釣りや遊びができるように、
いまの私はできることに全力を尽くすのみです。

IMG_6310_20120112155041.jpg

IMG_6598.jpg

『週刊 日本の魚釣り』67号

67.jpg

50センチオーバーの巨大ハゼ・「ハゼクチ」の投げ釣り
山上湖でのヘラブナのウキ釣り
アジのサビキ釣り
目印の結び
カンダイ(コブダイ)の生態
名釣り場・茨城県北浦

今回も見逃せない記事が、盛りだくさんです!

『週刊 日本の魚釣り』66号

66号1

ワカサギの穴釣り
カイズ五目のナイトゲーム
渓流釣りの用語解説
PEラインのノット強度比較
イトヨリダイの生態
名釣り場・山梨県山中湖

今回も読み応えタップリの充実度です!

大貫沖のショウサイフグは・・撃沈!

毎年、正月に必ず出かけているのが、
大貫沖のショウサイフグ。
今年も釣友のH氏、I氏とともに小型ボートで出かけてみました。

DSC01026.jpg

すでに、両氏は暮れから3日連続で出かけていたそうですが、
「釣果は、結構ムラがある」とのことで、
大晦日は10尾、元旦は2尾だったとか。

実際、いつもの年なら湾奥から老舗のフグ釣り船が大貫沖まできているのに、
今日は我々だけの貸し切り状態。
お客さんに釣らせるほどの数が釣れないということか?
この日は、根まわりを攻めるアカメ釣りの船も皆無でした。

不安が募るなか、
とりあえず、いつものイカダ竿で釣り始めます。
ミチイトはフロロ2号。
仕掛けは、カワハギ同様の胴突き3本バリ。
ハリは、例年のムツバリではなく、吸い込み重視で丸カイズを使ってみることに。
オモリは6~10号と、遊漁船の仕掛けよりもかなり軽めです。


DSC01014.jpg

しかし、この日は北風がメチャクチャに冷たく、
エサ(オキアミ)をハリ掛けする手が早くもかじかんでくる始末。

魚の活性も激シブなのか、明確なアタリは全然出ません。

風で震えるイカダ竿の穂先が、数ミリだけ風の動きと同調しない瞬間がアタリです。
このアタリともいえないわずかな違和感でアワセを入れていくと、
ときどきエサは食われますが、一向にハリ掛かりする気配はありません。

その神経戦ともいえる忍耐の時間が過ぎて、ようやくH氏が一尾目。
さらに良型をゲットして時合い到来かと思うも、すぐに再び沈黙の時間が・・・。

結局、この日はその2尾のみでした。
何だか、内房のショウサイは年々数が減ってるみたいですね~。

夜は、釣り会のメンバーと新年会。
杜氏のカズちゃんが持ってきてくれた新酒をいただきながら、
リベンジを誓ったのでした。。。

初釣りは、ホソのマブナ釣りへ・・・

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は公私ともにバタバタの年でしたが、今年も多忙が予想されます。
とはいえ、釣りにはどんどん出かけるつもりですので、
できる限りこちらのブログにアップしたいと思ってます。

さて、我が家の今年の初釣りは、
房総のホソでのマブナ釣りにしました。

やっぱり、五目釣り師の原点はここにあるのです。

DSC00882.jpg

DSC00879.jpg

クレソンが繁茂するこのお気に入りの釣り場は、
湧水が滾々と流れるホソなので、透明度は100%。
よって、マブナたちの警戒心は尋常じゃなく、
不用意にポイントに近づくと、瞬時に一匹残らず消えます。

ここで一尾釣るためには、
マブナたちを絶対に驚かさないアプローチと
わずか数センチ四方の藻穴を根掛かりしないで攻めるワザが必要です。

それでも、ここに通い慣れた子供たちは、
私以上の巧みさで小ブナたちを釣り上げていきます。

DSC00868.jpg

DSC00886.jpg

ここのマブナは、そのすべてが黄金色に輝くキンブナ。

DSC00877.jpg

DSC00905.jpg

新年早々、最高の釣りを楽しめました。

今年も、よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。