スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『週刊日本の魚釣り』26号

vol26_H1.jpg

震災以来、綱渡りの編集作業が続く中、
今週も何とか無事に『週刊日本の魚釣り』26号発売です。

今回の巻頭は、私の大好きな「ホソのマブナ釣り」。
表紙の写真がじつにホッとさせてくれます。
内容も、いい感じに仕上がっていると思います。

スポンサーサイト

『週刊日本の魚釣り』25号

vol25_H1.jpg


震災後、不安な日々を送っている方々も多いことと思います。
私自身も被災された方々のために何かをやらなければと思いつつ、
仕事の対処策に追われる日々に無力さを感じています。

しかし、今回被災されて、やっと連絡がついたライターさんが、
津波で多大な被害を受けていたのにも関わらず
「こちらは大丈夫です。『日本の魚釣り』頑張って作ってください」
と、気丈にも素晴らしい原稿を送ってくれました。

本来ならこちらが励ますべき立場なのに、逆に励まされてしまっている。
これはもう、自分がいまできることを懸命にやるしかないですね。

房総はすっかり春めいた季節になりました。
庭先のコブシの花が咲き、裏山ではウグイスも鳴き始めています。
東北の地にも早く春が訪れて、一刻も早く復興されることを切に願うばかりです。
そしてまたきっと、楽しく釣りができる日が来ることも。。。



『週刊日本の魚釣り』24号

vol24_H1.jpg

内房は無事です

内房にも津波警報が出て、安否を気づかう連絡をいただいておりますが、
いま現在、こちらは無事です。
昨夜は一晩中停電で不安な夜を過ごしましたが、早朝4時過ぎに復旧しました。
ウチの船を泊めている港も無事です。

ただ、海沿いに家がある方々は、いまも近隣の体育館等に避難中ですし、
昨日は岸壁や堤防を超える波も見られました。
いま現在も津波警報は解除されていないので、まだ安心はできない状況です。

なによりも、岩手や福島の知人の安否が気掛かりです。
こちらでは心配することぐらいしかできませんが、ただ無事を祈るばかりです。。。

『週刊日本の魚釣り』23号

vol23_H1.jpg

芦ノ湖が解禁になりましたね。
今回から「レイクトローリング」がスタートです。

vol23sample_b_20110311114552.jpg


ほかにも、磯のイシダイ釣り、シャクリのスミイカ釣り、名釣り場は「男女群島」、
さらに、国交省の協力で「ソーラス条約と釣り場」についても解説してます。



『週刊日本の魚釣り』22号

22号表紙

いぶし銀のクロダイ、カッコいいですね~。
そろそろ、乗っ込みシーズンの開幕です!

クロダイのダンゴ釣りSTEP3
テンヤ釣り
ワカサギ釣りSTEP4

そして、ワカサギ竿の自作術
カワハギ、オショロコマの生態
さらに名釣り場は「北海道・阿寒湖」

だんだん盛りだくさん度もアップしてきた『週刊日本の魚釣り』です!
いまからでも遅くありません。
ぜひ、手に取って読んでみてくださいね。




プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。