スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

房総のアオリイカ、開幕!

忙しいばかりだと、だんだん頭の中の整理が利かなくなってくるので、
「つり人」の連載の取材を兼ねて、ぶらりと房総巡りをしてきました。

まず、向かったのは岩井袋。
そろそろイカが始まる季節なので。
港内を見て回ってみる。
しかし、見えイカの姿は皆無。
少し早かったかな?

続いて、小浦港。
港内は穴場的なアオリ場なのだが、
以前は車が停められたスペースが封鎖されていた。
何か釣り人のトラブルがあったのかな?
あちこち探してみたけれど、
目ぼしいスペースは満車だったので、そのままUターン。

しかたないので、今度は一気に南下して沖ノ島へ。
ここは、水深がメチャクチャに浅いものの、
意外と小アオリと遊べる場所なのだ。

タックルを片手に島を一周しつつ、
ときおりエギを投げてみる。
しかし、なぜだか釣れる気がしない。

先日、小池純二さんと取材にやってきた渡り口は、
ダンゴ釣りの人で結構混雑してました。
クロダイ釣るなら、いまがチャンスかも!

続いて、館山港へ行ってみると、
青物やイワシなどはもう終了した様子。
ほとんどが、クロダイとイカ狙いの人たちでした。

さらに、ハゼ釣り場を何ヵ所か見てまわる。
そういえば、今シーズンはハゼともウナギともモクズとも遊んでない!
これは『房総爆釣通信』的にはヤバい事態だ(笑)。
来週あたり、子供たちとどこかに出掛けみようかな・・。


さらに、最近はアオリイカも釣っていないことに気づいた。
で、一番可能性のある(と思われる)堤防へ・・。

到着したのは、ちょうど夕まづめ。
海面は凪ぎ。無風。適度な流れ。
イカを釣るためのすべての条件がそろっている。

その1投目。

IMGP5237.jpg

トンカツサイズです。

雑誌で紹介しているような激しいジャークではなく、
脱力系のやさしいミジン切りメソッドで釣れました。

続いて、同じ方法で同サイズを連発!

IMGP5265.jpg

暑い熱い夏が終わって、いよいよアオリイカ開幕です。


スポンサーサイト

海も川も全部入りの釣り雑誌、創刊!

いや~、ご無沙汰になっちゃいました。
みなさま、いかがお過ごしでしたか?

こちらは、とあるプロジェクトのために、
延々とカンヅメ状態が続いています・・。

とくにここ一ヶ月はメチャクチャに忙しくて
ブログを更新する時間もなかったのですが、
水面下での準備期間に、約2年間を費やしていたのでご勘弁下さい。

でも、その全貌をようやく皆様にお伝えできることになりました。

『週刊・日本の魚釣り』

nihoturi_20100928104845.jpg


明日29日から、全国の書店さんで発売開始です。

その内容は・・・

「国内で楽しめる釣り(海水・淡水)のすべてのノウハウを紹介するとともに、
魚の生態や自然環境、釣り道具、釣魚料理、日本の名釣り場、釣りの雑学など、
釣りを取り巻くあらゆるものを徹底解説!」

といった、釣りの百科事典的な週刊分冊です。

いろいろな意味で、日本では初めての試みの釣り雑誌だと思います。
表紙撮影は、釣り写真の第一人者・津留崎健さんにお願いしました。
29日からは、テレビコマーシャルも始まります。

内容はすべてウチに一任されているので、
百科事典的なベーシックをガッチリと押さえつつも、
年代を問わずに楽しんでもらえるネタもどんどん入れていくつもりです。

「釣りキチ三平」で夢を抱かせてくれた釣りも紹介したいですね。
イトウ釣りとか、ムツゴロウ釣り(笑)とか、

みなさまも、おもしろい釣りのネタがありましたら気軽にお知らせください。

釣りのライターさんや編集者も随時募集してますので、
HPのメールからご連絡下さい。

どうぞよろしくお願いします。



プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。