イワナ尽くし

養魚場を営んでいるSさんから、イワナを大量に送ってもらった。
富士の湧水で育てているだけに、味は抜群。
子供たちも夢中になってパクついてました。

IMG_2563.jpg
IMG_2533.jpg
IMGP7911.jpg

遊び

久し振りに、家族全員で犬の散歩。
道中はウチの下の磯&浜なので、箱メガネと手網を持参。
IMGP7837.jpg

ここは我が家のプライベートビーチ。
子供たちは、夏の到来を待ち切れないように
磯遊びに夢中になってました。
IMGP7878.jpg

迷い鱒?

和歌山では迷いクジラが話題になってるようですが、
東京湾にも、ときどきクジラが入ってきます。

意外なところでは、サケ・マスの類いでしょうか。
知人が東京湾奥でサケを釣ったこともあるし、
多摩川にもサクラマスが戻ってきているそうです。

つい先日も、房総のとある川で足元を泳ぐ40センチほどの魚を発見。
脂ビレが見えたので、多分、迷いマスでしょう。

護岸工事でズタズタ状態のこの河川を遡上しても産卵床はなさそうですが、
いつの日か川が蘇って、
房総でもサクラマスが釣れるときがくるかも知れないですね。



雑誌の取材

今日は、とある雑誌のインタビューを受けることに。

普段はコチラが取材するのが仕事なのだが、
房総に暮らし始めてから取材される側になることも増えた。

今回はウチの人気本である『海遊びの極意』(つり人社)も紹介してくれるというので、
遥々、大阪からやってきた来た女性編集者と公園のある海辺で待ち合わせ。

テングサとは何ぞや? から始まって、
ヤドカリを餌にしてムラソイを釣ったり、
海菜の食べ方を紹介したり、
海水から塩を作る方法や
ナマコの種類の違いを解説したり(笑)。

沖縄のきれいな海より東京湾の方が楽しみの幅は広いですよ、
なんて適当なことをしゃべりつつも、つつがなく取材は終了しました。

それにしても、
ビーサン履いてやってきたカメラマンは初めてだなぁ~(笑)。

IMGP7773.jpg

東京湾沖のタイラバ再び?

今回もしつこく内房沖のタイラバへ。

が、この日も大潮なのに全然潮が動かず苦戦。
ならばと、ちょっと深場へ移動(といっても40m弱・・)。

するとその一投目にようやくヒット!

軟調のアジ用ルアーロッドを使っているので、
竿は気持ちよく曲がってくれたけど、
浮上してきたのはマダイではなく、小型のハナダイ。
IMGP7720.jpg

続いては、お約束のトラ坊(笑)。
IMGP7725.jpg

出港したのが3時を過ぎていたので、
数回、潮まわりしただけで5時を過ぎてしまう。
昔からマダイは長潮~若潮が狙い目なんですね。

で、今回も最後は港の目の前でオカズ釣り。
IMGP7730.jpg

良型のシロギスやカワハギが、結構なファイトを楽しませてくれました。

内房の海岸では、保田から岩井、富浦にかけてボート屋さんが点在していて、
これからの季節は大賑わいになります。

シロギスやカワハギ、アジ、サバなどは
初心者やお子さんでも楽しめるので、
一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


初夏の実り

里山の実りというと秋のイメージがあるけれど、
房総半島では初夏に実りの季節を迎えるものが結構たくさん、ある。

雨の中、次男と一緒に裏山散歩。
IMGP7694_20090525095242.jpg

迎えてくれたのは、
野生のビワや木苺、桑の実、グミなどなど。

IMGP7686.jpg
IMGP7690.jpg

豊饒の房総低山。
あと、1~2週間で食べごろです。

南房総磯めぐり

釣り本の仕事で磯の写真が必要になったので、
南房の名磯をひとまわりしてきました。

今年は水温の上昇が相当遅れていましたが、
ようやく安定してきた様子で、
洲崎、布良、白浜、野島、白間津の各磯では、
良型のクロメジナやカゴ釣りでは30センチ級のアジも上がってました。
IMG_2343.jpg
IMG_2330.jpg

そろそろフグの猛攻も増え始めるので、
いくなら、ここ1~2週間がチャンスかも知れませんね。

田んぼの雑草取り

晴天が続いて、気付いてみると田んぼの中には無数の雑草が・・・(汗)。
IMGP7585.jpg

で、昨年同様に無農薬米にこだわる嫁が手押し除草器を押す。
真夏日を記録する炎天下の中での汗だくの作業。


一方こちらは、電柵下に生えた雑草をエンジン草刈り機で刈り払っていく。
いつもは普通のノコ刃を使っていたのだが、
今回は、電柵を断線しないように新兵器を導入。
IMGP7660.jpg
スーさんに教えてもらったプラコード式の草刈り。
コードがすり減ると自動的に延びていくスグレモノ。
これだと、配線や電柵の竹ポールにダメージを与えにくい。

ただ、ノコ刃と違ってコードで雑草をむしり取るようにして刈っていくので、
むしり取られた草の断片が自分にも飛んでくるのが少々難点。
顔面カバーは必須か?

こうして秋に実った新米は、毎年、全国各地の友人・恩人に送っているのだが、
今年は作業中の苦労を綴ったアルバム刷りも同封して、
一緒に汗を感じてもらおうと思う(笑)。

ボートでシロギス、カワハギ、マゴチ

先日の鏡屋さんの釣果に影響されて、
さっそく釣り会のメンバーとともにボートを出すことに。
狙いは、もちろんラバージグでのマダイ。

が、この日も潮が全然動かず、船長ワダさんとコジマは早くもエサ釣りにシフト。
ポツポツ上がってくるのはカワハギやシロギス。
IMGP7598.jpg

結構良型が釣れてくるので、来週は息子たちを釣れてきてやろう。

一度、釣れたシロギスを遊ばせてそのファイトシーンを撮影していたら、
いきなり竿先を引ったくられるアタリ。
中層で泳ぎ回っていたシロギスに何かが食いついてきたのだ。

慎重にリールを巻き上げてくると、水面下まで浮上してきたのは良型のマゴチ。
コジマがタモですくってくれようとしたが寸前でバラシ(笑)。

そこで今度はメゴチをエサに泳がせてみると、今度はガッチリとフッキング。
ナイスなマゴチでした。
IMGP7621.jpg

ようやく水温が安定してきたのか、
シロギスやマゴチも活性はかなり高そうです。

今回は陸から至近のポイントを狙っていたので、
漁港からの陸っぱりでも十分に楽しめると思います。



手バネ竿のシャクリマダイ

今日は、ライターのOさんとともに竹岡の「鏡屋」の取材。
言わずと知れた、手バネシャクリの総本山だ。
IMGP7587.jpg

さっそく、東京からやってきたMさんの船に同船させてもらい、金谷沖へ向かう。
水深は30m前後と比較的浅め。
IMG_1344.jpg

ここでの釣りは、手バネ竿を駆使して生きエビをマダイのタナで泳がせる竹岡独特のもの。
最近はリールシャクリも流行だそうだが、
船長が2本竿を巧みに操る姿はカッコよくて絵になっている。
IMG_1315.jpg

この日は潮が動かずに苦戦したものの船長がマダイ2枚、
そして、Mさんも4キロ近いマダイを見事に釣り上げて取材もバッチリ。
IMG_1505.jpg

いや~、マダイってホント綺麗な魚です。
今度は、ウチの船でチャレンジしてみよう。

ログスクールと養老川とBBQ

昨日は作業が終わってから、ジローさんからお呼び出し。
栗田さんのログスクールに行く予定をすっかり忘れてました(爆)。

で、急きょ寝袋を車に積んで、夕方からの晩餐会に駆けつけることに。
IMGP7382.jpg

栗田さんとは、「手作りログハウス大全」をやっている頃に
牛久の酒場でよく飲んだものだが、今回は久し振りの乾杯かも。
ジローさんやトノさん、お初のジェミニさんやS組長とも深夜まで楽しい時間を過ごし、
結局、その夜は車中泊。

翌朝、栗田さんの自転車を借りてポタリング。
小さな流れには、ハヤやヤマベが群れてました。
手づかみも楽しめそうです。
IMGP7397.jpg

栗田さんは早朝からカービング。
ログハウスのほうは、月崎駅のトイレになるそうです。
IMGP7402.jpg

IMGP7416.jpg

その帰り、ちょっとだけ養老川に寄ってみると、
ひとりのご老人が帰り支度。
話を聞いてみると、東京からバスに乗って釣り会の例会にやってきたらしい。
場所を移動したいとのことだったので、乗せていってあげることに。

車中では、関東のヤマベ釣り場の話で盛り上がる。
このご老人、ヤマベだけでなくマブナやタナゴもやるそうだ。

高滝方面のポイントに到着するとお仲間が数人いた。
ビクを見ると良型のヤマベが軽く100尾以上。
養老川はやっぱり釣れます。

お仲間のひとりが、
「この人はウチの会の会長なんですよ。どうもありがとうございました」
あらためていただいた名刺を見ると、横綱会の会長さんでもあるらしい。
また、ご縁があれば会いましょう。


帰宅後、今度はウチの釣り会のメンバーとBBQ。

先日つくったログテーブルの天板を外すと、
ナイスなBBQテーブルになることを発見。
さっそく、特許出願しなければ(笑)。
IMGP7448.jpg


ロフトの外壁、完成!

「まだやってなかったの?」といわれそうだが、
ようやく、ロフト外壁の仕上げ工事に取り掛かった。

一番面倒なのは軒天張りだが、
省力化のためにこんなモノを作ってみた。
IMGP7344.jpg
スギ板を桟木で連結したもの。

これをロフト軒裏の一番奥まで押し込み、
桟木を垂木にビス留めすればバッチリだ。
IMGP7355.jpg

その一方で、壁用の野地板に
溝切りカッターを使って相ジャクリ加工を施す。
IMGP7315.jpg

塗装は嫁さんがやってくれた。
(子供たちはどこかに遊びに行ってしまった・・)
IMGP7341.jpg

現物合わせで、
壁を一枚一枚カットして張っていくと・・・
IMGP7536.jpg

こんな感じに仕上がりました。
IMGP7560.jpg

次回は、ロフトの天井張りの予定。
天窓まわりの納め方って、どうやるんだっけ?

苗の活着がイマイチ?

今年から、ニワトリたちの世話は子供たちの担当に。
雨の日のエサ当番は辛そうだが、まあ、文句も言わずにやっている。
毎日、生まれたての卵が食べられるからかな?
IMGP7204.jpg

田んぼの機械植えした苗は、活着がイマイチの様子。
というか、一部の苗は下葉が完全に枯れてしまっている。
IMGP7232.jpg

手植えした苗は、問題なく生長しているのだが・・。
猛烈な強風の中で田植えしたのが原因か?

養老川でヤマベ釣りを満喫

長男の具合がよくなったので、
久し振りに嫁さんも一緒に家族で釣りに出掛けることに。
しかし、近所の堤防はどこも混雑しているし、南房方面への道路も大渋滞。

で、向かった先は房総山中を流れる養老川。
いまの時期の養老は、サツキマスならぬサツキヤマベが楽しいのだ。

道中、久留里の釣具屋でエサを購入しつつ話を聞くと、
「小櫃川ではヤマベ狙いの人が少なくなっちゃいましたね~」

小櫃上流にもナイスな釣り場がいくつかあるので、今度チェックしてみよう。

養老までの道路は渋滞も皆無で、
いくつか知っているポイントも釣り人の姿はゼロ。
IMGP6916.jpg

IMGP6918.jpg

自分が子供の頃、いまの時期に利根川のヤマベ釣りに出掛けると、
人気のポイントにはヤマベ師がズラリと並んでいたものだが、
最近は人気のない釣りになっちゃったのかな?

とりあえず広い河原のポイントに到着。
IMGP7111.jpg

さっそく、子供たちに川虫を探してもらう。
サシも買ったけど、一番食いのいいのはやっぱりコレ。
IMGP6931.jpg
(ホントは、ヒラタやピンチョロがいいんですけど・・)。

竿は清流竿の4.5m。
仕掛けはノーマルな発泡ウキ仕掛け。
ハリは袖3号。

流芯と緩流の間の筋に仕掛けを流すと、すぐにアタリが出る。
IMGP6936.jpg

可愛らしいヤマベは数が釣れるので、
ファミリーフィッシングにはピッタリのターゲットと思うのだが・・・。
IMGP6946.jpg

といっても、仕掛けの流し方やアタリの取り方には、
少々のコツが必要なことも事実。
ヤマベ釣りの経験が少ない息子にとっても、そんなにイージーな釣りではないようだ。
しかし、この適度な難しさこそが、釣りを楽しくさせる大切な要素でもある。
ヤマベ釣りに熱くなっているベテランがまだまだ少なくないことが、その証だろう。

途中、大物に0.4号ハリスを飛ばされてしまったが、巨大ニゴイかな(笑)。

というわけで、例のごとく釣った魚はその場で塩焼き。
IMGP7085.jpg

適度に脂の乗ったヤマベは、
熾火で焼くとジュージューと油を滴らせてほとんどイワシ状態。
「父ちゃん、ヤマベってメチャクチャおいしい魚だね」。
ヤマベ釣りに出掛けるなら、塩と串は必需品です(笑)。


その後はお約束の水遊びで、子供たちは全身びしょ濡れ。
こちらは、ほかのポイントを探りつつ、玉ウキリグで瀬釣りを試してみる。
瀬釣りのほうがアタリがわかりやすくて、子供向けかな?

帰りに温泉街も寄ってみると、意外にも観光客はそれほど多くない。
道路もガラガラだし、残りのGWを楽しむなら意外と穴場かも知れないですね。

(ヤマベの釣り方については、『川釣りの極意』で詳細に解説していますので、
よろしければご一読ください)

ログハウス内装つづき

朝から気合いを入れてロフトの内装工事。
今日は次男も手伝ってくれた。
IMGP6909.jpg

ログハウスの場合、母屋や小屋束などの構造体が現しになっているので、
壁の納めが結構面倒くさい。
逐一、現物合わせでカットラインを墨付けしないといけないのだ。
今回も、スクライバーを利用しつつ、
IMGP6865.jpg

こんな感じに納めていく。
IMGP6871.jpg

それでも一日みっちり作業したので、内壁はほとんど張り終えることができた。
天井の材料は何にしようかな?

房総の河川で、大型シーバスヒット?

長男がインフルエンザに罹ってしまった。
せっかくのGWなのに残念。
で、こちらはせっせと朝からデスクワーク。

昼過ぎ、海を見に行くと人気の堤防は大混雑。
(GW中に比較的空いているのは、竹岡や岩井周辺の堤防かな?)
ほとんどは家族連れやカップルのみなさんで、チョイ投げ派とエギング派が半々ぐらい。
釣果を見た感じではシロギスがポツポツ、イカはイマイチの様子。

クロダイ狙いの人に話を聞いてみると、
昨日の半夜釣りで50センチを釣り上げたとのこと。
さすが、乗っ込みのハイシーズンですね。

午後からは、コジマとシーバスの偵察。
潮はいまいちだったものの、
河川にはいい感じの濁りが入っていたのでチャンスはあるかも。

時期的には稚アユのシーズンなので、
小型で細身のミノーをキャストすると、いきなりコジマがヒット!
しかも、結構なサイズ。80センチ近いぞ!
IMGP6875.jpg

しかし、護岸のエグレに潜り込まれた瞬間にジ・エンド(笑)。
その後も1時間ほど粘りましたが、アタリは皆無でした・・・。

プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント