スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザエと年越し米粉ソバ

今朝、知り合いの海女さんが、サザエを大量にもってきてくれた。

一度ではとうてい食べ切れないので、
実験的に海水で飼ってみることに。
IMGP3891.jpg
エサはウチの前の浜で拾ったカジメ。
ブクは入れてないけど、毎日海水を交換すれば大丈夫かな?


夕方は恒例のソバ打ち(例のごとく米粉メンです)。
サザエの刺身とワカメソバ。
ちょっとは、自給自足的な暮しができるようになってきたかな?


今年はログハウスづくりをはじめとしていろいろあったけど、
来年も新しいことをいろいろとやりそうです。


それでは、皆さまもよいお年をお迎えください。

スポンサーサイト

門松と餅つき

今年も恒例の餅つきデーがやってきた。

でもその前に、こちらも恒例の門松づくり。
IMGP3836.jpg
ほとんどの作業を子供たちができるようになったので、
親父は要所をアドバイスするだけ。
毎年、同じことの繰り返しだけど、この儀式を通して子供の成長具合がわかります。


そして昼からは、いよいよ餅つき。
今年はスペシャルゲストとして、大ちゃんファミリーも参加。
IMGP3856.jpg

ウチの田んぼで作った無農薬のモチ米の味は、
米作りの師匠であるイケさんも絶賛してくれるほど。
つきたての餅は、大人にも子供にも人気でした。

夕暮れ以降はガレージにて二次会。
IMGP3879.jpg
子供たちも大幅に夜更かしだったけど、まあ、たまにはいいかな?

大掃除

今日は朝から大掃除。

しばらく開封していなかった荷物を開けてみたら、
陶芸家のIさんからいただいていたお皿やぐい飲みが大量に出てきた。
IMGP3823.jpg

これなら、いつでも割烹を開業できそうです(笑)。

地鶏の卵

佐賀で養鶏をしているSさんから、平飼いの地鶏卵が大量に送られてきた。

IMGP3824.jpg

これを見ると、ゆで卵が唐突に食べたくなってくる。
同じく九州天草のMさんが作っている天然塩で味付けすると、メチャクチャおいしいのだ。

楽しみ楽しみ。

ワサビを買いに築地へ・・・

プリプリのカワハギの刺身を味わうために、築地へワサビを買いに行く。

予想通り、師走の築地は大混雑でしたが、
迷路のような場外市場は、子供たちにとってはまさにワンダーランド。
寒ブリやマグロ、海老、タコといった魚介類があちこちでうごめき、
ホカホカの小籠包や濃厚なラーメンスープの匂いが漂う。
渾沌としたアジアンな雰囲気。
心も胃袋も満たされて、子供たちも大興奮でした。
ちなみに、ワサビは3本100円の激安品を購入。

続いて、子供たちの目的である上野の科学博物館へ。
こちらも相変わらず一日じゃ見切れないですね。
また、来年もこのコースかな?

最後は夕暮れの東京タワーを見物。

年に一度の東京観光でした。

恒例カワハギ納会

毎年恒例のカワハギ納会に出掛けてきました。

早朝5時に出発してアクアラインを通過すると、ものすごい烈風。
速度制限も40キロに。「こんなんで、船出せるのかな~」
一瞬不安がよぎるも、厚木を通過して小田原に到着した頃には無風状態に。
背後に伊豆の山々を背負っているだけに、西風には強い釣り場だったのだ。

現地に到着すると、すでに主催者の村越正海さんや作家の夢枕獏さんたちが集まっており熱気ムンムン。
総勢17人での出港となった。


最初のポイントは真鶴沖の水深36mライン。
ここでいきなりスタートダッシュをかけたのは、ルアーデザイナーのアイザワさん。
形状記憶合金を利用したスーパーストロング・オリジナル仕掛けで、怒濤の5連発だ!

IMGP3804.jpg

一方、こちらは最初の付けエサがまったく食われず、手も足も出ない状況。
隣に座った獏さんも、お手上げの様子だ。
お互いにアタリが出ないので、アユ釣りや北海道の釣りの話に興じる。

獏さんも、毎夏、北海道の道東方面に出掛けているので、
わが家とも何度もすれ違っていたことが判明。
数年前にも、忠類川で獏さんに似た人を見かけことがあったけど、「それ、ボクです(笑)」。
獏さんのフレンドリーな人柄に、ますますファンになってしまった。
五大陸釣魚紀行を綴った最新刊『愚か者の杖』、ぜひ、読まなければ!


その間も、ラッシュを続けるアイザワさん。
こちらがようやく7枚釣った時点で、すでに15枚を突破している。
「釣り方教えてくださいよ~」と邪魔しにいったときも追釣するのだから、もう、お手上げだ。


結局、この日の竿頭は19枚のアイザワさん。
村越さんは11枚、タレントの水野裕子さんは10枚。
最大魚は村越さんの29センチ(さすが!)。
こちらは8枚の撃沈でした(爆)。
まあ、一日楽しく過ごせたのは何よりでしたが、これは早々リベンジしかないでしょう。

皆さま、お疲れさまでした。
IMGP3807.jpg


台風?

今日も房総は一日中大荒れの天候。

台風並の烈風が吹き荒れているので、
心配になって現場を見に行く。

現場では脚立が倒れていたぐらいだったが、
ロフトの片面の窓だけ、いまだに入れていないので袋状態なのが心配。
風向きによっては屋根が吹っ飛ぶこともあるので、早々に窓を入れなければ・・。

地鶏の鉄鍋焼き

ウチのクリスマスは、毎年子供たちと一緒に地鶏の鉄鍋焼きをつくることになっている。

寒空の下での作業は辛いものがあるけれど、
みんなで薪を集めてカマドに火を熾す作業は、意外と悪くない。

IMGP3766.jpg


IMGP3752.jpg

鶏が焼けるまで約一時間、親子で他愛のない話に興じる。

最近では、なぜ、自分の親が田舎に住み始めたのかを理解し始めた子供たち。

炎を見ながら息子がポツリ。
「父ちゃん、早くログハウス完成させようよ」

父ちゃんも頑張るけど、みんなも手伝ってくれよ~(笑)!


忘年会

今晩は、5年ほど前に結成した釣り会の忘年会。
飲みつつ食べつつ、年間の写真をスライドで楽しむのが恒例なのだが、
今回はコジマが制作したDVDが快作だった。
釣りはもちろん、田んぼやログハウス作業も盛り込んで、心に染み入るBGM付き。

楽しい夜でした。

暖かくも、風波強し!

今朝、車の外気温度計を見たら21度。
数日前の朝は6度だったのに、あり得ない気温ですね。

海にもちょっと出てみましたが、
波が大荒れで、釣りは不能な状況。

ここのところ、風の強い日が多いです。

今度は荒れたサーフでヒラスズキ

夕方、今度はひとりで昨日の海岸に行ってみる。

海は結構荒れ気味で、西寄りの風もビュービュー。
ルアーをキャストするのもひと苦労だったけど、
強風の間隙を縫って沖まで飛んだルアーにようやくヒット!
フッキングもバッチリ決まって、無事ランディング(笑)。

結構なファイトで上がってきたのは、今回もヒラスズキでした。


凪の海岸で、ヒラスズキ快釣!

相変わらず好調の房総のシーバス。

釣り仲間のコジマの話によると、
先日、岩井方面で70センチ級が爆釣したとか。
人気ポイントには平日でもアングラーが立ち並ぶほどなので、
この週末は結構混雑するかも。


で、今日は息子と一緒に夕方の海岸へ。
しかし、この日の凪の海は、シーバスのボイルもベイトっ気も皆無。
日が沈むまでルアーをキャストしてみるも、まったく気配なしだ。

今日は、ダメかな?

IMGP3716_20081220174710.jpg

ふたりして諦めかけていたら、視線の片隅の沖にほんのわずかな違和感。
フワ~と、水面が湧き上がったような。
魚のモジリか? 気のせいか??

すかさず、遠投重視の13センチミノーをフルキャストしてみる。
その2投目。

いきなり、ルアーを引ったくられた!
サイズはそれほど大きくはないが、狙いが的中しただけに嬉しいヒットだ。

が、ファイト時間わずか5秒でバラシ(爆)。

気を取り直して、モジリのあった周囲を攻めてみるとまたもやヒット!
沖で2度、3度とジャンプ。今度のは70センチありそうだ。
隣で見ていた息子も興奮気味。

今度は数回フッキングを入れているので、あとは慎重に寄せてくるだけ・・・・・、
と思っていたら、波打ち際まで寄せてきたところで、またしてもバラシ!
いったい何故?


完全に時合いが来ているので、
ふたりとも気合いを入れてルアーをキャストしていると、
今度は息子が、「来たよ~!!」
久しぶりのルアーでのヒットにうれしそうだ。

息子にはカラフトマス兼用の軟調シーバスロッド(8フィート)を持たせているので、
横から見ると大物がヒットしたかのようにロッドが満月を描いている。
でも60センチぐらいかな~と思ったら、
上がってきたのは50センチぐらいのヒラスズキ(ヒラフッコ?)だった。

IMGP3727.jpg

初のヒラに息子も感激の表情。
撮影もそこそこに再度ルアーをキャストすると、またもやヒット!
今度も同サイズのヒラフッコ。
内房の海岸、しかも凪の海でもヒラスズキが釣れるんですねぇ~。

結局、息子はヒラフッコのラッシュだったが、こちらは撃沈!
次回は負けないぞ(笑)。


ログハウス、そろそろ再開?

今日はポカポカ陽気の中、ログハウス作業再開のためのダンドリ。
とりあえずは、ロフトの天井板と妻壁を張るために、
材料を入手しなければ。

ついでに、ガレージ兼工房の大掃除。
新しく道具棚も作りながらいろいろと片づけていると、
探していたドリルビットやサンディングディスク、丸ノミ、ヒンジといった
工具やパーツ類などが続々と出てきた。
買ったのを忘れている品もあったりして・・・。
こういうのが無駄な買い物につながるんですよね(汗)。

夕方帰宅すると、庭先で息子と嫁さんが怪しいことをやっている。
カセットコンロに中華鍋を乗せて、
鍋の中にスモークチップ。
ミヤザキからもらった鹿肉をジャーキーにしているのだ。
楽しみ楽しみ。

太っちょシーバス

今日も夕方から、ロッドをひと振り。
海岸線を歩きつつ、
シーバスのボイルを見つけてはキャストしてみる。
(ちなみに、砂浜を踏みしめながら歩くのって、健康にすごくいいらしいですよ)

沖のボイルはメタルジグの大遠投で狙い撃ち、
近場のボイルはペンシルのチョコ引きで誘ってみる。

ベイトであるイワシの大きさはまちまちなので、
ルアーのサイズは遠投重視でチョイス。
IMGP3701.jpg


ペンシルにはフッコ級のアタックが何度もあるのだが、なかなかフッキングしない。
ちょっと沖めで、ようやくヒットさせたのは65センチ級。

しかし、
今度の本の写真用にと、波打ち際で撮影しようとルアーを外したら、
大波とともにサラバ~(笑)。
IMGP3699.jpg


気を取り直して、メタルジグをフルキャストすると、
今度はリトリーブ開始直後にヒット!

結構なファイトで上がってきたのは、太っちょ君でした。

IMG_7697.jpg

最近、使用しているタックルは、
ロッド=9フィート
リール=3000番(ダイワ)
ライン=PE1号
リーダー=4号1.5m
・・・といった感じです。

剣道大会とドブロク

長男が出場する剣道大会に千葉市まで行ってきました。
しかし、長男は風邪で寝込んでいたので、ここ一週間は練習ゼロ。
試合は一回戦負けでした。

まあ、次回があるさ!

夕方、ワダ割烹でカズちゃんが造った濁り酒を味わう。
ほどよく酸味の利いた味に、
昔仕込んだドブロクを思い出す。

今度、ウチの米で造ってみようかな?

シーバス、メバルが好調!



早くも師走半ばですね。
メチャクチャに仕事が忙しいのは例年のことですが、
もちろん、釣りもポツポツ行っております。

毎回、仕事の合間を縫っての30分ほどですが、
釣り場が近くにあるのはホントにありがたいことです。

いま好調なのは、メバルとシーバス。
メバルは内房の漁港まわりでコンスタントに、
シーバスは湊川から岩井にかけてどこでもOKという感じで、
70センチ級も結構上がっているみたいです。

先日もウチの近所で、こんなのを釣ってきました。
IMGP3656.jpg

午前中に大風が吹き荒れた後、
夕方のワンチャンスでのヒット。

シーバスの群れは、どんどん南下している様子です。

BANさんリンゴ

この時期、毎年楽しみにしているBANさんからの贈り物がきた。
安曇野のメチャメチャにおいしいリンゴだ。

いつも、ほとんどは息子たちが食べてしまうのだが、
とくに今年は長男が風邪で寝込んでいたので、
この甘いリンゴがうれしかった。

伴さんありがとう!

いとこ

父親が喜寿を迎えたので、久しぶりに実家へ。
この日は親戚一同が勢揃いして、子供たちも大はしゃぎ。

そういえば自分が子供の頃も、
いとこたちと遊ぶのがメチャクチャに楽しかった記憶がある。

それにしても、甥っ子姪っ子の成長の早さって何なんでしょう。
ついこの間まで小学生だと思っていた子が、もはや大学生。
年末年始もバイトだそうなので、
もう、お年玉をあげることもなさそうです。

デジタル武装

長年使っていたPSプリンターと嫁さんのMacが古びてきたので、
新しく買い替えることに。

今度のプリンターは、OKIのカラーレーザー両面印刷機能付き。

嫁のMacは、ついにインテルMacにしちゃいましたが、
QuarkもInDesignもPhotoshopもサクサク。

自分のMacは・・、まだまだG4現役です(笑)。
プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。