スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『週刊日本の魚釣り』13号

vol13_H1.jpg


人気のヒラメ釣りなど、今回も盛りだくさんです。

そういえば、今日は海岸のあちこちで鳥山が出てましたね。
イワシの大きな群れが接岸している様子。
シーバス狙いのチャンスかも!

スポンサーサイト

『週刊日本の魚釣り』12号

12_20101221092232.jpg

今回からバス釣りスタートです。
他の釣りもお見逃しなく!

冬の房総半島で、小ブナ釣り

午後からは、JGFA理事の古山輝男さんと一緒に小ブナ釣り。
向かった先は、房総山中を流れる秘密の「ホソ」。

IMG_1787.jpg

IMG_5426.jpg

IMG_2156.jpg

IMG_2364.jpg

IMG_1835.jpg


いや~、じつにいい感じです。
古山さんも最高の笑顔で楽しんでました。

この写真にしびれてしまった方、
『週刊日本の魚釣り』で詳細に紹介しますので、もう少しだけお待ちくださいね。


忘年会&カワハギ釣り

メチャクチャに多忙でしたが、
昨夜は釣り会のメンバーと忘年会。

そして今日は朝からボートを出して、最近絶好調というカワハギ釣りへ。

カワハギを専門に狙うのは久し振りでしたが、
やっぱり、この釣り最高に楽しい!

仕掛けが着底した瞬間からエサを突っつかれる中、
どうやって食いアタリを出していくか・・。
この日のパターンは、ゆっくりした大きな誘いからのタルマセだったようです。

メンバーは苦戦してましたが、こちらはなかなかいい感じ。

IMGP6048.jpg

年末、もう一回チャレンジしてみます。


『週刊 日本の魚釣り』11号

11.jpg

『週刊 日本の魚釣り』(音声が出ますのでご注意を!)

ようやく11号です。

よく、読者の方から「何号まで出すの?」との問合せがありますが、
登山に例えれば、ようやく足慣らしが完了、といったところでしょうか。

まだまだ、登り始めたばかりの雑誌ですが、
これからますます充実の内容を盛り込んでいく予定です!

電動ワカサギ用の竹穂先

『週刊日本の魚釣り』用のネタで、
ワカサギ用電動リールで使える竹穂先を作ってみました。

材料は、10年ほど前にフライ用のバンブーロッドを作るつもりで、
裏山から採ってきた冬伐りの真竹。

IMG_4031_20101208083356.jpg

いい感じに枯れてます。
節間の長さは30センチほどなので、穂先の材料としてもジャスト。

これを軽くバーナーであぶって、
表面からにじんでくる油を雑巾で拭き取ると光沢が出てきます。

IMG_4046.jpg

ナタを使って16分割します。

IMG_4078.jpg

IMG_4086.jpg

カッターナイフで粗削り。

IMG_4100.jpg

180度のオーブンで、10分ほど焼き入れします。

IMG_4107.jpg

適度な焼きを入れることによって、
竹の強度や弾性は飛躍的にアップします。

このあたりの知識は、
以前、フライフィッシング専門誌で
ギャリソン流のバンブーロッド製作を一年以上連載していたのが役立ちました。

電動リールに仮付けしてみます。

IMG_4132.jpg

さらに、カッターで削って好みのアクションに仕上げていきます。

IMG_4142.jpg

今回の形状は、先端部の厚みが0.5ミリほどの扁平タイプです。

IMG_4154.jpg

最後の削りで無理すると折れるかも知れないので、
カッターの刃を立てて削るといい感じです。

IMG_4145.jpg

IMG_4156.jpg

仕上げにオイルステインをキッチンペーパーで塗布します。

IMG_4171.jpg

ガイドはステン線の0.2ミリを曲げて、ライターで焼き入れしたもの。
材料費は一個で数円?

IMG_4187.jpg

これをスレッドで穂先にラッピングしていきます。

IMG_4203.jpg

IMG_4208.jpg

製作時間は、一時間ほどでした。

完成後、さっそく今シーズン絶好調の高滝湖で実釣。

シマノさんのDDMには専用の穂先入れもありますが、
ウチにあったヘラ用のウキ箱がピッタリでした。

IMG_4546.jpg

IMG_4566.jpg

竹竿での小物釣り・・最高です!

長さや調子を変えて量産したいけど、時間が・・・(笑)。

くわしい作り方については、『週刊日本の魚釣り』(たぶん2月か3月発売号)で紹介します。

『日本の魚釣り』10号

釣り10号表紙


ようやく10号です。

現在、『週刊日本の魚釣り』も30号ぐらいまで編集作業が進んでいて、
私自身も、この週末にワカサギやアジ、アイナメなどの取材に行ってきました。
その前には、サケ釣りやひとつテンヤも取材してきました。

やっぱり、現場に行くと毎回が楽しく、かつ非常に勉強になりますね。
昨日の陸っぱりアジも、巨大なのが釣れてビックリでした!

ホントは、こうした取材の裏話などもマメに当ブログで紹介したいのですが、何せ時間が・・。

今後は多少は時間ができると思うので、
少しずつ裏ネタを紹介できるようにしたいですね。




『日本の魚釣り』9号

vol09_H1.jpg

クロダイのダンゴ釣りの第一人者、
小池純二さんによる「ダンゴ釣り」第1回目の解説です。

「魚の嗅覚」も必見ですよ!

『日本の魚釣り』8号

vol08_H1.jpg

アジやコイ釣りなど身近な釣りのほかに、
北海道のイトウ釣りについても紹介しています。



『日本の魚釣り』7号

vol07_H1.jpg


今回も盛りだくさんの内容です。
近々刊行の予定ラインナップは以下の通りになってます。

クロダイのダンゴ釣り
ルアーヒラメ
ワカサギ釣り
バスフィッシング
マブナ釣り
投げカレイ
マダイのカゴ釣り
ウイリー五目
イイダコ釣り
ヒガイのウキ釣り

ハウツー以外では、
釣り具の歴史
魚の嗅覚
魚のさばき方
乗合船利用術
赤潮と釣り

などなど、盛りだくさんのコンテンツを準備してます。
今後もご期待を!

木戸川のサケ、快釣!

昨年に引き続き、木戸川のサケ釣りに出掛けてきました。

事前の情報だと、かなり渋い様子だったので、
今回は北海道でお馴染みのイカエサを用意することに。

IMGP5729.jpg


早朝、すでに受付前には多くのアングラーがいます。
息子も少々興奮気味で、昨年の再現にワクワク顔です。

が、さっそく昨年と同じポイントで探りを入れてみるものの、
まったく魚の反応がありません。

IMG_2827.jpg

ほかの人もダメダメの様子で、私にも全然アタリなし。
朝が早かった息子は、さっそく河原でゴロリとふて寝(笑。

(あとから聞いたところ、この日は大多数の人が撃沈だったそうです)

IMG_2819_20131113151300f5c.jpg

しかたなく、タックルを持って下流側のポイントへ大移動することに。
すると、調査区域よりも河口寄りの特別解放区で、
ロッドを大きく曲げている女性アングラーが!!

そばにいた漁協の人に聞くと、
今日はここだけサケが少し集まっていて、
女性と子供は特別にここで釣りをしてもOKとのこと!

これはナイスな計らいです!
さっそく息子も混ぜてもらい、イカエサ付きのルアーをキャスト。
すると、いきなりのヒット!

IMG_2835.jpg
IMG_2594.jpg
IMG_2609.jpg

怒濤の3連発!
やっぱり、釣りは場所が一番重要ですね。うらやまし〜。

IMG_2623_20131113152553a46.jpg
IMG_2677.jpg
IMG_2767_20131113152551d1d.jpg

今回は、北海道仕様のウキルアー仕掛けにイカエサを使いましたが、
当日、ほかの人が使っていたのは、
トータルアドバイザーの管野利一さんが作った「管スプーン」。

IMG_2836.jpg

小さいけど、木戸川のサケにはすごく効くそうです。

また、この日はフライフィッシャーマンの奥山文弥氏も楽しんでました。

IMG_2713.jpg

結局、私はここでは竿を出すことなく終わりましたが、
大型を数本仕留めた息子は満足げ。
「父ちゃん、来年もまたここに来よう!」


*****
2011年3月11日の東日本大震災で、木戸川の漁業施設は津波で大きな被害を受け、
さらに、周辺一帯は原発事故で避難区域に指定されました。
1日も早い復興をお祈りします。

『日本の魚釣り』6号

vol06_H1.jpg

本格的な投げ釣りはもちろん、チョイ投げでも楽しめるシロギス釣り。
ほか、ジギングやフライフィッシングなど、今回もマルチで充実の内容です。


『日本の魚釣り』5号

vol05_H1.jpg

『日本の魚釣り』では、基本的にほとんどの原稿を
得意分野別にライターさんに書いてもらっていますが、
今回の「オイカワ」は私自身の執筆です。

アユも渓流も終わった、秋の河川。
これからの季節はオイカワやマブナ、タナゴの釣りが楽しみですね。


『日本の魚釣り』4号

早くも4号目。

やっぱり、週刊ペースは予想以上に早いですが、
読者の方々からの反応も予想以上に好評なので、
スタッフ一同、励みになっています。

ピクチャ 2



久し振りの「ひとつテンヤ」

釣り会で保有しているボートが全然活動していないので、
ワダ氏とWさんを無理やり?誘って、久し振りに沖に出てみました。
狙いはもちろん、ひとつテンヤでのマダイ。

しかし、沖に出るほど風波が激しくなって、
いつもの水深50mラインには到達できず・・。

まあ、秋は浅場でも勝負できるので、20mラインを流してみました。

そして、いきなり入れ食い状態に。
釣れてくるのは、サバフグ、エソ、ベラ等々でしたが(笑)。

IMGP5634.jpg


フグを料理できるH氏を電話で呼び出して、これらをすべて進呈。

その後、Wさんと午後の部へ・・。

風も収まったので沖まで出てみたけれど、
今度は、カサゴ、ホウボウ、イトヨリダイなどが入れ食い。

IMGP5665.jpg
IMGP5632.jpg
IMGP5626.jpg
IMGP5666.jpg


結局、本命は顔見ずでしたが、
つねに誰かの竿が曲がっている状態で、
何だか久し振りに楽しい一日を過ごせました。



プロフィール

五目釣り師

Author:五目釣り師
釣り本の編集者。
『週刊 日本の魚釣り』の監修者
ホームページはこちらへ。
『房総爆釣通信』

最近の記事
オススメ本
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。